ワイヴァンアイエス研究所ブログ

ストレージシステムやITの技術動向やテクノロジーなどを紹介。その他、趣味的な話題もあります
ワイヴァンアイエス研究所ブログ TOP  >  misc. >  Windows Meからのデータ移行

Windows Meからのデータ移行

私のWindows系PCの使用はWindows NT3.1がスタートです。Windows 95やWindows Me(ミー)の本格的な使用経験はほとんどありません。少し触れたことがある程度です・・・。


Windows Me PCから、新しいPCへデータを移してほしいと頼まれましたので、その方のご自宅へ訪問して状態・状況を確認しました。


17年前の2000年に購入した国産メーカーのPCでした。最近ほとんど使っていないという状況です。電源を入れるとWindows Meが起動してデスクトップを表示しますが、すぐにチェックディスクのウインドウが開きチェックが始まりました。この症状が出たので、使用者はどうしたらよいのか不安になったようです。


私もディスクに不良箇所があるのかと心配しましたが、チェック終了後に再起動をしてみたところ、デスクトップが表示されたあとにチェックディスクは実行されませんでした。どうやら前回使用したときに、シャットダウンしないで電源を切ってしまったことが原因のようです。


新しいPCに移動して使いたいデータは見つかりました。それらはMS Wordで作成した書類が主ですが、その他“はがきソフト”で作成した住所録も移して使いたいのだそうです。


新しいPCには、Windows Meと同じ“はがきソフト”はインストールされていないため、Excelフォーマットに変換してから移すことにしました。


新しいPC(国産メーカーのWindows 7でした)の状況を電源を入れて確認すると、いろいろとやっかいな問題があることが分かりました。この内容と対処作業はとても長くなりますので省略します。以下、それらの問題が無事解決した前提で話を進めます。


Windows MeマシンにはUSB端子がありましたので、データを移動するための一時保管の記録媒体としてUSBスティックメモリを使うことにしました。


あとは、Windows Meマシンが問題なくUSBメモリースティックを認識するかどうかです。念のため手持ちのUSBスティックメモリの中で一番古い64MBの製品を、FAT形式でフォーマットして接続しました(フォーマットは事前に別のPCで行いました)。


デバイスドライバーがインストールされ問題なく認識されましましたので、必要なデータをUSBスティックメモリに保存しました。取り外し用のタスクバーのアイコンをクリックして、USBスティックメモリを外し、Windows 7マシンに接続して無事データ移行は終了しました。


試しにですが、Windows MeマシンにNTFSフォーマットしたUSBスティックメモリを接続したら・・・・、ブルースクリーンエラーを起こしました!



ランキングに参加しています。
以下のバナーをクリックしていただくと、とても励みになります!
にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
[ 2017年09月19日 17:37 ] カテゴリ:misc. | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL