ワイヴァンアイエス研究所ブログ

ストレージシステムやITの技術動向やテクノロジーなどを紹介。その他、趣味的な話題もあります
ワイヴァンアイエス研究所ブログ TOP  >  Homebuild computer >  LANケーブルは手作り

LANケーブルは手作り

LANケーブルが必要になりました。現場に合わせた長さのLANケーブルを自作します。

現場に合わせた長さのケーブルを得られるのが、既製品にはない自作の良さです。特に短いケーブルが必要なときには役に立ちます。

材料
まず、必要な材料です。
  • RJ-45コネクタ(レバーがアーチ形状とかへの字形状が折れなくて便利)
  • コネクタ保護カバー(後つけタイプのツメ折れ防止用)
  • LANケーブル(CAT5e以上、つまりCAT5eとかCAT6)スタンダードタイプ

工具類
次に、必要な工具類です。
  • かしめ工具(必須)
  • LANケーブルテスター(工作に自信があれば無くてもOK)
  • カッター(ケーブルの外皮を剥ぐとき使っても良い)
  • ニッパー(芯線をカットするときに使っても良い。切れ味の良いものを選ぶ)

作業手順
【1】かしめ工具についている「皮むき用カッター部」でLANケーブルの外皮を剥ぐ。
ステップ1
外皮を剥ぐときは内部にある芯線に傷をつけないように注意してください。2本ずつのペアになっている芯線が出てきます。芯線の長さは約2cmほどにします。

【2】各芯線ペアをばらしできるだけネジレを解く。
ステップ2
写真の状態よりももっとネジレを取ると後の作業が楽です。

【3】芯線を規則に沿って平らに並べる。
ステップ3
ストレート配線のケーブルにするので、以下のレイアウトに合わせて芯線を順に並べます。
ツイストペアケーブル

【4】芯線をカット(外皮から約14mmの長さ)して、RJ-45コネクタに差し込みます。
芯線をカットした写真はありませんが、斜めにならないようにカットします。切れ味が甘い工具ではダメです。 かしめ工具についている「ケーブルカッター部」でもカットできます。
RJ-45コネクタ
ケーブル芯とコネクタの番号が合うように差し込みます。コネクタ番号は上の写真を参考にしてください。なお、コネクタの種類によっては「ロードバー」と呼ばれるガイドがついている製品もあります。今回使用している製品には、そのようなガイドはついていませんが、差し込む作業は難しくありません。 (ガイド無しコネクタ:ADT-RJ45-10H、LD-RJ45TA10)
ステップ4 ステップ5
横と下からの写真です。きれいにそして確実にコネクタ先端までケーブルの芯線が差し込まれていることを確認します。

【5】かしめ工具でかしめます。
ステップ6
カシメるまで、ケーブルがコネクタから抜けないように注意します。グリッパーを「カチッ」というまで挟みます。

【6】コネクタ保護カバーを被せる。 
コネクタのツメ折れ防止用です。ここで使っているのは、既存のケーブルのコネクタにも後からかぶせられるタイプです。カバーがついていない既製品にも使えますので重宝しています。
コネクタ保護カバー
作成したコネクタ部にかぶせます(下の写真)。
ステップ7
カバーの横についている2カ所の突起部をはめます(下の写真)。
ステップ8

ケーブルのもう一方の端にも同様の作業をして完了です。

この後、接続が間違いないかどうかを確認するためLANケーブルテスターを使うと確実です。 今回紹介した工具類や材料は、この記事の下に写真を並べてありますので、ご参照ください。


ランキングに参加しています。
↓ 以下のバナーをクリックしていただくと、とても励みになります!
にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ

[ 2017年09月10日 11:10 ] カテゴリ:Homebuild computer | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL