ワイヴァンアイエス研究所ブログ

ストレージシステムやITの技術動向やテクノロジーなどを紹介。その他、趣味的な話題もあります
ワイヴァンアイエス研究所ブログ TOP  >  Homebuild computer >  トラックボールの故障を修理

トラックボールの故障を修理

かなり昔からですが、マウスではなくトラックボールのユーザーです。

そのトラックボールですが、左クリックの感度が鈍くなったというか、ドラッグしても途中で効かない(解除される)という症状がおきました。

主に使っているのは、Kensington Orbit Trackball という製品です(LOGICOOLトラックマントラックボールマーブルもときどき使っています)。  どちらも形状が左右対称なので、右手でも左手でも使えるところが気に入っています。

上記の症状の話に戻りますが、このような状況になると作業の効率が落ちてしまいます。 

トラックボールのデバイスドライバーを再インストールしても症状は改善しません。トラックボールのハードウェア的な障害(故障)だと思います。

クリックボタンに反応する「マイクロスイッチ」に問題があるのでしょう。「あきらめません やってみるまでは」。早速分解します。

【1】当然のことですがトラックボールをPCから外します。

【2】裏にある4つのネジと隠れた1つのネジを外します(赤い矢印の箇所)。
  trackball1a.png 
  (5つめは、ゴムパッドの下に隠れています)
 スクリュードライバー(ネジ回し)は、手持ちの星型の「T6x40mm」がぴったりでした。

【3】上部のカバーを外します。
 マイクロスイッチ(赤い矢印の箇所)が現れてきます。
  trackball3a.png 
 ここに接点復活剤などをスプレーするのですが、ノズルを使うとともにマイクロスイッチ以外の周辺に極力かからないようにします(上部の円筒状の突起周辺の隙間にはいるようにする)。私は、ティッシュペーパーを畳んで角になった箇所をはさみでカットし、その穴からマイクロスイッチの頭が出るようにしました(その写真はありません、済みません)。
  trackball2a.png 

【作業の結果】
 上部のケースカバーを戻し、しばらく時間(2~3時間)をおいてからPCに接続して動作させてみました。無事クリックの不良はなくなりました。修理完了です。

マウスに同様な症状が起きたときにも応用可能かも知れません。ただし、この作業を試される場合は、自己責任でお願いします。


ランキングに参加しています。
↓ 以下のバナーをクリックしていただくと、とても励みになります!
にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ

[ 2017年08月31日 17:20 ] カテゴリ:Homebuild computer | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL