ワイヴァンアイエス研究所ブログ

ストレージシステムやITの技術動向やテクノロジーなどを紹介。その他、趣味的な話題もあります
ワイヴァンアイエス研究所ブログ TOP  >  Homebuild computer >  デバイスドライバー ユーティリティー(Free Edition)

デバイスドライバー ユーティリティー(Free Edition)

 デバイスドライバー更新ツールとして、SlimDriversを長年使ってきましたが、Windows 10になってから、新しいデバイスドライバーの更新を通知してくれなくなりました。この半年くらいは、Driver Easyの無料版(Free Edition)を使っています。

 無料版のDriver BoosterとDriveMaxも試しましたが、私の今のPC環境にはDriver Easyが一番あっているようです。ただし使い方には、注意が必要なところがあります。「デバイスが古いドライバー状態」として検出があっても全てのドライバー情報が正しいとはいえないことがあります。

 また、Free Editionなので自動でデバイスドライバーの更新はできません。更新作業は手動で行う必要があります。また、デバイスドライバーのダウンロード時に通信の帯域幅が制限されますので、大きなサイズになるとダウンロードに時間がかかることもあり、ダウンロードがうまくいかない場合もあります。

 手動でのデバイスドライバー更新自体は、それほど難しい作業ではありません。また、デバイスドライバーが大きなサイズとなるときは、Driver Easy経由のダウンロードを行わず、別途ドライバーを検索してダウンロードすれば手動でドライバーの更新ができます。こうすることで、Free EditionのDriver Easyであっても、十分使えます。

 Driver Easyの2017.07.21時点のバージョンは、5.5.2.18358です。インスト-ルプログラムの DriverEasy-setup.exe が download.cnet.comサイト から入手可能です。「Download Now」ボタンをクリックすると、ダウンロードが開始します。


ランキングに参加しています。
クリックしていただけるととても励みになります。
にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
[ 2017年07月22日 02:55 ] カテゴリ:Homebuild computer | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL