ワイヴァンアイエス研究所ブログ

ストレージシステムやITの技術動向やテクノロジーなどを紹介。その他、趣味的な話題もあります

流れるプール

 プールでめまい で少し書いたのですが、「水中ウォーキング30」というプログラムがあります。泳ぐ時間帯がそのプログラムと重なると、とんでもないことになるのです。

 想像がつく人もいると思いますが、、、プールの水が回転する流れができるのです。泳いでいると横方向にも流されますし、さらに困るのがコースの行きと帰りで追い風と向かい風のように全く逆方向になって、すごく泳ぎにくくなります。流れるプールの状態です。

 そのプログラムの歩き(時々早足)かたは、プールの3レーン分を使って30分間同じ方向にぐるぐる回って歩いています。何度か途中で逆方向に回ってくれれば、プールの水の一方向回転の流れも弱まるんですけどね。

 いきなり注文もつけにくいので、そのプログラムに参加しました。3~4回でした。そして、別のフロアーでインストラクターに会ったときに、プログラムの感想として伝えました。

 「歩く方向がずっと同じで回っていると、水に流れができて途中から抵抗が少なくなるので、筋力を使わなく楽になります。途中で何度か方向を逆にすると、抵抗が増すので運動には良いと思うのですが」と。

 インストラクターは、「いいことを聞きました。ありがとうございます。参加している人でないと気がつかないですね。早速、取り入れます。」といってくれました。

 次回のプログラムに参加したときには、途中で何回か方向を逆にしてくれました。プログラムに参加している人にも、泳いでいる人にも良い、という結果になったと思います。

 その後、時間が合わなくなったこともあり、「水中ウォーキング」のプログラムには参加しなくなってしまいました。


 
[ 2017年06月15日 16:50 ] カテゴリ:スポーツクラブばなし | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL