ワイヴァンアイエス研究所ブログ

ストレージシステムやITの技術動向やテクノロジーなどを紹介。その他、趣味的な話題もあります
ワイヴァンアイエス研究所ブログ TOP  >  Homebuild computer >  レスキューディスク起動設定編(マルウェア感染への対応準備)

レスキューディスク起動設定編(マルウェア感染への対応準備)

 昨日の「レスキューディスク作成編」の続編です。レスキューディスク(Kaspersky Rescue Disk 10を例)から起動させるための設定方法を説明します。Kaspersky Rescue Disk 10 起動可能(bootable)CDの作成については、「レスキューディスク作成編(マルウェア感染への備え)」をご覧ください。

 レスキューディスク作成編(マルウェア感染への備え)で作成したCDメディアをCD/DVDドライブにマウントしてください。

 普段使用しているWindows PCを通常の起動ドライブからではなく、事前に作成したCDメディアを使って起動するにはBIOS/UFEIの設定を変更しなければなりません。何もしないで普通にWindows PCを起動すると、Windowsが入っているCドライブが使われます。それを変更してCD/DVDドライブのメディアから起動する操作が必要になります。

 ご使用のPCの説明書などでBIOS/UFEIを立ち上げるキー操作を調べてください。BIOS/UFEIに入って「起動ドライブの変更」、「ドライブの起動順位の変更」、「起動ドライブの設定」などの操作をおこないます。メーカーや機種によって異なりますが、電源を入れ、メーカーのロゴなどの画面が表示されているときに、どのキーを押せばBIOS/UFEIを起動できるかが英語で表示されることもあります。よくあるのは、[Delete]、[F1]、[F2]や[F11]キーなどです。(実際にはご使用のPCで確認してください)。

 上記の操作で、以下のようなBIOS画面が出てきます(メーカーや機種によって異なります)。ここでは以下のBIOS画面を例とし、マウスは使用できないことを前提として説明します。

2017.06.21追記<最近の機種では、以下の「setup」画面がすぐに出てこないことがあります。そのときは「Boot mode」をみて、「Secure boot」を「off」や「disable」に変更、「Legacy boot」を「on」や「enable」に変更、と進み「Setup」という項目を選択することで下記の「setup」画面を表示できます

BIOS1s.png 
 この設定画面では、キーボードの[←]と[→]の矢印キーでメニュー間の移動、[↑]と[↓]の矢印キーで項目間の移動、[Enter]キーでサブメニューの選択ができます。画面下の緑色のスペースにキー操作について説明があります。

 上の方に並んでいる項目から「Boot」を選択します。
BIOS2s.png 
 これまで設定変更をおこなっていなければ、起動ドライブは「CD-ROM Drive」が「Hard Drive」よりもあとになるような順序になっています。この並びを「Hard Drive」よりも「CD-ROM Drive」が上に来るように順序を変えます。矢印キーで選択してから「+(プラス)、-(マイナス)」キーで上下に移動して順番を変える操作をします。

 以下のように「CD-ROM Drive」を最上位にしますと、
BIOSrevised-s.png 
起動時にはCD/DVDドライブに入れたメディアが「Hard Drive」と「Removable Devices」よりも先に使われます。なお、USBメモリースティックから起動したいこともありますので、「Removable Devices」の位置は「Hard Drive」よりも上にしたほうがよいでしょう。

 BIOSの設定変更を保存して終了します。「Exit」→「Exit Saving Change」→「Yes」で終了します。または、「F10」→「Yes」です。
BIOS5s.png 

 このあとPCを再起動させると、CD/DVDドライブにマウントしたメディアから起動することになります。今回はWindowsではなく、Kaspersky Rescue Drive 10が起動します。

 なお、上記は「Main」や「Advance」などの設定を含むBIOS画面が表示され、そこからBootデバイスの優先順位を設定しましたが、以下の「Boot Menu」を最初から表示させて設定変更ができることもあります。
BOOTrevised-s.png 


2017.06.21追記<別記事のKaspersky Rescue Driveの操作が終了したら、通常のWindowsを起動するために、BIOSの設定でLegacy Boot modeを「Off」や「Disable」、Secure bootを「On」や「Enable」に戻すという操作が必要な場合があります

 起動設定編としての説明は以上です。Kaspersky Rescue Drive 10の操作については別の記事にします。

ランキングに参加しています。

以下のバナーをクリックしていただくと、とても励みになります!

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ

[ 2017年06月12日 15:52 ] カテゴリ:Homebuild computer | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL