ワイヴァンアイエス研究所ブログ

ストレージシステムやITの技術動向やテクノロジーなどを紹介。その他、趣味的な話題もあります
ワイヴァンアイエス研究所ブログ TOP  >  Homebuild computer >  エラー イベントID 46

エラー イベントID 46

クラッシュダンプを初期化できませんでした。

 イベントビューアーに、上記のエラーが起動時に毎回出現していました。解決法がネット上にありました(Microsoft コミュニティー)が、これだけでは解決できませんでした。もうひとつの対応が必要でした。

 まず、最初のMicrosoft コミュニティーにあった方法は、

「システムの詳細設定」
 →「システムのプロパティ」ウィンドウの[詳細設定]タブ
  → <起動と回復>項目の[設定]
   → 中程にある<システムエラー>の項
    →[システムログにイベントを書き込む]にチェックを入れる

というのですが、クラッシュダンプをとるため今回のケースではすでにチェックを入れてあります。従って、ここが原因ではありません。さらにネットでの情報(項目15)では、

「システムの詳細設定」
 →「システムのプロパティ」ウィンドウの[詳細設定]タブを選ぶ
  →<パフォーマンス>項目の[設定]をクリック
   →「パフォーマンスオプション」のウィンドウが開き[詳細設定]タブを選ぶ
    →<仮想メモリ>の項で[変更]を選ぶ

 ここでページングファイルを設定すると、イベントID 46のエラーを止められる、とありました。

Virtual Memory 

  今回はまさにこのケースでした。カスタムサイズに最低限の16MBを、初期サイズと最大サイズに設定しました。その後、再起動して確認してみたところ、イベントID 46のエラーは出現しませんでした。ページファイルを設定するのはCドライブに対してであり、他のドライブでは効果がありませんでした。

 「システムログにイベントを書き込む」設定と「ページファイル」の設定、この二つの対応が必要だったのです。


ランキングに参加しています。
以下2つのバナーをクリックしていただくと、とても励みになります!
にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
[ 2017年05月28日 09:50 ] カテゴリ:Homebuild computer | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL