ワイヴァンアイエス研究所ブログ

ストレージシステムやITの技術動向やテクノロジーなどを紹介。その他、趣味的な話題もあります
ワイヴァンアイエス研究所ブログ TOP  >  仮想マシン >  VBoxNetLwf エラー (イベントID 12)

VBoxNetLwf エラー (イベントID 12)

ドライバーは \Device\VBoxNetLfw で内部ドライバー エラーを検出しました。


上記は、イベントビューアーに記録されていたエラーです。ホストのWindows 10を起動するたびに、必ず発生しています。


名前から推測できますが、VirtualBox関連です。今年の4月にVirtualBoxを使い始めましたが、その時から発生しています。しかし、VirtualBoxの動作そのものには影響が出ていません。ゲストOSは問題なく機能しています。


よって、使用上で困ることはありません。放置しておいてもよいのですが、できるだけ原因を知っておきたいので、長年VirtualBoxを使っている知人に聞いてみました(解決策を探しましたが、あまり的確な情報はネット上に見当たりませんでしたので)。


その知人のホストWindowsでは、同じ現象(エラー)は出現していないそうです。その後いろいろ調査してくれて、WiFiに関係しているらしいこと、知人のラップトップPCで、『WiFiを無効にしたら、VBoxNetLfwのエラーが出現した』ことを知らせてくれました。


これらの情報がヒントになりました。私のホストWindowsマシンの状況を考えてみます。


  • 有線LAN(WiFi不使用)
  • VBoxNetLfwドライバーは使われていない(ロード時のエラーのため)
  • VirtualBoxそのものの動作には問題がない

この状況から、(強引ですが)私の環境では「VBoxNetLfwドライバーは不要」と結論づけました。


さて、エラー回避(解決策ではない)の方針ですが、簡単に言うと、ホストWindowsマシンの起動時に「VBoxNetLfw」ドライバーをロードしない、になります。


方法としては、Autorunsツールを使って「VBoxNetLfw.sys」を非ロード処理しました。最新のAutorunsは、以下からダウンロードできます。


このツールの使い方は、当ブログの過去記事『お決まりの方法では解決しない「VMware Authorization Service」』の項目2に説明してあります。


簡単には以下になります。

  1. Autorunsを管理者権限で実行
  2. タブ「Drivers」を選択
  3. 「VBoxNetLfw」を探して、チェックを外す
  4. ホストWindowsマシンを再起動

この処置で、「VBoxNetLwfエラー」は出現しなくなりました。VirtualBoxの動作にも異常は出ておりません。あくまでも『私の環境では』です(WiFi不使用)。


以上です。


すべての記事をまとめた★カテゴリーごとの全記事一覧★がありますのでご覧ください。

以下のバナーをクリックいただくと、とても励みになります!

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ

[Ctrl]キーを押しながらクリックすると他のページに飛びません

[ 2020年07月13日 18:20 ] カテゴリ:仮想マシン | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL