ワイヴァンアイエス研究所ブログ

ストレージシステムやITの技術動向やテクノロジーなどを紹介。その他、趣味的な話題もあります
ワイヴァンアイエス研究所ブログ TOP  >  ITインフラ >  Storage Newsletter(2020.05.26)から

Storage Newsletter(2020.05.26)から

81%のユーザーが複数のストレージベンダーを利用

原題:

81% of Users With More Than One Storage Vendor


2020.06.05現在、上のリンクにあるストレージ関連のユーザー調査の情報は、購読契約をしないと読めなくなっていますが、その調査結果の内容をざっと記述してみます(すべてを掲載することはできません)。個人的な観点から選択した概要や結果の一部になります。


まず調査概要から始めます。


DataCore Software Corp.は、ストレージ市場に関する市場調査を8年連続で行っています。この調査では、ストレージ業界のニーズ、テクノロジーの成熟度、2020年の予算計画、現在および将来の展開計画などを把握することを目的としています。調査では、さまざまな市場のITプロフェッショナル550人を対象に、重要なストレージの課題を解決するためにSDS、HCI、オブジェクト、ファイル、クラウドストレージなど、さまざまなストレージインフラを現在使用、または評価しているユーザーの期待と経験が抽出されています。


続いて、調査における質問内容の一部とその回答を以下に示します。実際の回答はグラフ化され各々パーセンテージが記載されているのですが、ここでは順位だけを記載します。なお、日本語訳の正確性は「不明」とさせていただきます。


Q:ストレージインフラストラクチャに望む主な機能は何か(まだ得られていないもの)?

  1. 高可用性(メトロクラスタリング、同期データミラーリング、ゼロダウンタイム)
  2. ビジネス継続性/ディザスタリカバリー(リモートサイトまたはパブリッククラウドから)
  3. 停止を伴わないストレージ容量拡張の実現
  4. アプリケーションの迅速な応答性
  5. 容易なデータ移行
  6. 無停止でのハードウェア更新
  7. ハードウェアのベンダーロックインなし
  8. ソフトウェアを介してストレージアーキテクチャを進化させる柔軟性
  9. 予測分析。既存システムと新システムを横断した洞察と最適化を含む
  10. 該当なし
  11. その他

Q:ストレージインフラストラクチャーで、どのような期待外れのテクノロジーやスタート時点での誤りを経験したか?

  1. 柔軟性に制限
  2. クラウドストレージでコスト削減に失敗
  3. 容量要件に対応する拡張性の課題
  4. ストレージにおけるベンダーロックイン
  5. ファイルやオブジェクトの複数ストレージの統合が困難

Q:データセンター(HA/DRを含まない)は何か所あるか?

  1. 2か所
  2. 1か所
  3. 4か所以上
  4. 3か所

Q:ブロック、ファイル、およびオブジェクトを含み、すべてのデータセンターでインフラストラクチャーをサポートするために現在何社のストレージベンダーを使っているか?

  1. 4社以上
  2. 2社
  3. 3社
  4. 1社

このほかにも、「プライマリーストレージとセカンダリーストレージのそれぞれについて、将来期待するテクノロジーはなにか?」などの質問もありました。回答からは、SDSやハイパーコンバージドストレージへの期待が大きいようです。


いつものことですが、上記の記載内容は独自の理解と個人的な見解であり、間違いがないことを保証するものではないことをご理解ください。

以上です。


すべての記事をまとめた★カテゴリーごとの全記事一覧★がありますのでご覧ください。


にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ

[Ctrl]キーを押しながらクリックすると他のページに飛びません

[ 2020年06月05日 16:45 ] カテゴリ:ITインフラ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL