ワイヴァンアイエス研究所ブログ

ストレージシステムやITの技術動向やテクノロジーなどを紹介。その他、趣味的な話題もあります
ワイヴァンアイエス研究所ブログ TOP  >  misc. >  使って分かった「Meet Now」と「Skype」の違い

使って分かった「Meet Now」と「Skype」の違い

違いは何? 「Meet Now」と「Skype」の比較表


テレワークが盛んなようです。その結果、個人ユーザー向けの無料アプリも増えてきています。最近では「Zoom」が有名になっていますが、一方ではその脆弱性が問題となって注意が呼びかけられたりしています。


Web会議アプリが増えてきたのですが、SkypeアプリとSkypeIDが不要といわれる「Meet Now」と昔からよく使われている有名な「Skype(Desktop版)」の違いがよくわからなかったので調べてみました。


今回試したのは、参加者がホストとゲストの2名(2か所)という条件です。ホスト側を「会議を招集する側」、そしてゲスト側を「招集される側」とします。


テスト環境は以下となります。

  • ホスト側:Windows 10 Pro
  • ゲスト側:Windows 10 Home
  • Webブラウザー:Microsoft Edge

ブラウザーとしては、Google Chromeも使えるということでしたが、ゲスト側でカメラが機能しないこともあり、すべてMicrosoft Edgeを使用しました。


Web会議を始める方法は以下となります。

「Meet Now」は、以下のURLからWeb会議を開始します。

https://www.skype.com/ja/free-conference-call/


「Skype(Desktop版)アプリ」は、Windows 10に最初から組み込まれていると思いますので、アプリを起動してWeb会議を開始します。


なお表には「Host側もGuest側もSkypeのみ」は含めませんでした。


表:【使って分かった「Meet Now」と「Skype」の違い】

Skype Desktop
(Guest側はブラウザー)
Skype Desktop
(Host側はブラウザー)
Meet Now
Host側インターフェース Skype Desktopアプリ Microsoft Edge Microsoft Edge
Guest側インターフェース Microsoft Edge Skype Desktopアプリ Microsoft Edge
SkypeID
/Microsoft Account
Host側に必要、Guest側に不要 Host側に不要、Guest側に必要 Host側とGuest側に不要
画面の共有 Host側のSkype画面に「画面の共有」ボタンがあり機能する Guest側のSkype画面に「画面を共有」ボタンがあるが機能しない

Host側とGuest側のブラウザーの画面に「画面の共有」ボタンはないので機能なし


私見ですが『SkypeID?Microsoft Accountって何のこと?』というPCユーザーでも、「Meet Now」でオンラインビデオチャットを十分楽しめると思います。ただし、資料を見ながら検討したいのであれば、SkypeをHost側として使用することが必要です。


無料のWeb会議ツールとしては、Googleハングアウトもよく知られています。その使い方を詳しく説明した「失敗しないWeb会議の手引き」もありますので、あわせてご利用ください。

以上です。



すべての記事をまとめた★カテゴリーごとの全記事一覧★がありますのでご覧ください。


以下のバナーをクリックいただくと、とても励みになります!

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ

[Ctrl]キーを押しながらクリックすると他のページに飛びません

[ 2020年04月14日 18:00 ] カテゴリ:misc. | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL