ワイヴァンアイエス研究所ブログ

ストレージシステムやITの技術動向やテクノロジーなどを紹介。その他、趣味的な話題もあります
ワイヴァンアイエス研究所ブログ TOP  >  misc. >  管理ツールやアプリケーションを起動するコマンド例(Win + R)

管理ツールやアプリケーションを起動するコマンド例(Win + R)

Windows 10の「ファイル名を指定して実行」で使える主なコマンドの覚え書きです。


WinキーとRキーを同時に押す(Win+Rと表記)と、「ファイル名を指定して実行」というウインドウが出てきます。下にそのスクリーンショットを入れておきます。


FileExec01_New.gif

ここに下表の文字列(コマンド)を入力して、[Enter]キーを押すか[OK]をクリックすると、管理ツールやアプリケーションが起動します。


デスクトップから目的の管理画面に辿りつくためマウスのクリックを何回か繰り返さなくても、直接目的の管理画面を起動できるので便利な場合があります(覚えるのは大変かも知れませんが)。


この表の列2「入力するコマンド」から目的のコマンドをコピーして、 「ファイル名を指定して実行」にペーストしても良いと思います。入力時のタイプミスを防げますし入力も楽です。


起動する管理ツールやアプリケーション 入力するコマンド(Win + R のあと) コマンドのあとのキー
Windows PowerShell(管理者権限なし) powershell Enter
Windows PowerShell(管理者権限あり powershell Shift + Ctrl + Enter
Windowsのバージョン情報 winver Enter
イベント ビューアー eventvwr Enter
コマンド プロンプト(管理者権限なし) cmd Enter
コマンド プロンプト(管理者権限あり cmd Shift + Ctrl + Enter
コントロール パネル control Enter
コンピューターの管理 compmgmt.msc Enter
サービス services.msc Enter
システム構成 msconfig Enter
システム情報 msinfo32 Enter
タスク スケジューラー taskschd.msc Enter
タスク マネージャー taskmgr Enter
ディスクの管理 diskmgmt.msc Enter
ディスプレイ(設定>システム>ディスプレイ) desk.cpl Enter
デバイス マネージャー devmgmt.msc Enter
ネットワーク接続 ncpa.cpl Enter
プログラムのアンインストールまたは変更 appwiz.cpl Enter
リソース モニター perfmon /res Enter
レジストリ エディタ regedit Enter
電源プランの選択またはカスタマイズ powercfg.cpl Enter
スクリーン キーボード osk Enter
メモ帳 notepad Enter
電卓 calc Enter

補足

  • 列3は、コマンドを入力したあとに、通常は[Enter]キーを押すか、または[OK]をクリックすることを意味します。
  • コマンドプロンプトとWindows PowerShellを管理者権限で起動したいときは、上表のコマンド(powershellとcmd)に続いて「Shift+Ctrl+Enter」(ShiftとCtrlを押したままEnter)と3個のキーを押します。
  • 最下部の3行(スクリーンキーボード、メモ帳、電卓)は、システム管理ツールではなく、アプリケーションです。知っておくと便利かと思い表に加えています。
  • 複数のコマンドが対応することがあります。例えば、「コンピューターの管理」を起動するのは『compmgmtlauncher』でも可能であり、「タスク マネージャー」は『launchtm』でも起動できます。


すべての記事をまとめた★カテゴリーごとの全記事一覧★がありますのでご覧ください。


以下のバナーをクリックしていただくと、とても励みになります!

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ

[Ctrl]キーを押しながらクリックすると他のページに飛びません

[ 2018年10月11日 20:27 ] カテゴリ:misc. | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL