ワイヴァンアイエス研究所ブログ

ストレージシステムやITの技術動向やテクノロジーなどを紹介。その他、趣味的な話題もあります

163 Zetta Bytes

この大きさを「地球と月の距離」で把握!


地球と月

久々で、かつ専門分野に関する投稿ですが、2018.02.06に開催されたイベント「IDC Storage Vision Japan 2018」に出席したことを今頃アップするというのですから大マヌケなトピックです。


このイベントには知人も多く参加していました。業界は変わらないけれど所属(会社)が変わっている人も多いのです。この業界ではよくあることです。


スポンサーに目を向けると、数年前のこのイベントにスポンサーとして参加していた外資系の専業ベンダーがありました。他社製品にない特徴があり、印象も良かったのですが、なんと! 今年はある大手企業の一部門として講演していました。相変わらず変化が激しい業界であることを認識します。


全体的な流れとして、「専業ベンダーが活躍する時代から総合ベンダーが力を発揮する時代」へと変遷しているように感じます。ただ、また暫くすると「専業ベンダーが活躍する時代」へと変わるのでしょう。このスパイラルで業界は動いているようです。


さて本日のタイトルの「163 Zetta Bytes」ですが、IDC調査では「2025年における全世界のデジタルデータ の生成量が163ゼタバイト」に達すると予測しています。


Zetta Byte(ZB:ゼタバイト)は、TB(テラバイト)の1000×1000×1000倍の容量を表す単位です。すごく多い量なのでしょうが、ピンときません。


DVD-R/RWの容量は4.7GBですから、このDVD何枚分に相当するかでどのような量なのかを把握してみます。

163ZB÷4.7GB ≒ 35×1012 ⇒ 35兆枚!

まだよく実感できません。


この35兆枚のDVDと「地球と月の距離」との比較を行ってみます。

DVD-R.gif

DVDの直径は120mmですから、35兆枚を直径方向に並べると、

0.12×10-3(km)×35×1012(枚)≒ 4.2×109(km)

「地球と月」の中心間の距離は、384,400km(≒ 3.8×105km)ですので、上記の4.2×109kmは、「地球と月」の距離の何倍かというと、

4.2×109 (km) ÷ 3.8×105 (km) ≒ 1.1×104 ⇒ 約1.1万倍


よって、163ZBはDVDを並べた場合、以下のイラストに示す「地球と月」の間を1万1千倍した距離、または「地球と月」を5,500回往復する距離に相当します。

地球と月の距離2

163ZBがどれほど膨大な量になるかをイメージするのにすこしは役に立つでしょうか。


ちなみに、DVDを積み重ねた場合、一枚の厚みは1.2mmですので、35兆枚で約4.2×107km。これは、「地球と月」の距離の約110倍です。55回往復する距離、と理解してもいいですね。


計算あってるといいんですが・・・



すべての記事をまとめた★カテゴリーごとの全記事一覧★がありますのでご覧ください。


以下のバナーをクリックいただくと、とても励みになります!

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ

[Ctrl]キーを押しながらクリックすると他のページに飛びません

[ 2018年05月16日 21:06 ] カテゴリ:ITインフラ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL