ワイヴァンアイエス研究所ブログ

ストレージシステムやITの技術動向やテクノロジーなどを紹介。その他、趣味的な話題もあります

テープ屋さんの悩み

テープストレージに関わるエンジニアやベンダーの悩みの話です。


『ITインフラ構築を生業とする販売代理店やSI等のエンジニア、セールス、商品企画者や企業のインフラ担当者からは、最新の「テープストレージ、テープテクノロジー」がほとんど(全く)認識されていない』のです。


テープストレージは今でも進化を続けています。「ハイテク」の産物であり、その結果、高性能化しているのですが・・・・・。


上記の業界人を3つの世代層に分けて、テープがどのように把握されているかを表にしてみます。

テープ理解分布

上記は、あくまでも個人的な判断ですが傾向としては合っているような気がします。


この表の結果をみると、どの世代層からも正当な評価を受けていないことになります。


このような結果になったひとつの原因として、過去(25年ほど前?)、某外資企業による『Tape is Dead!』の強烈なプロパガンダがあったことが考えられます。これに洗脳されてしまった人々が当時どれほど多くいたことか! 今でもそれが尾を引いている気がします。


現在の状況としては、

  • 若い世代は、テープストレージを知らない
  • シニア世代はテープを知っているが、昔のテクノロジーしか知らない

全体として、正確な知識を持ち得ない環境・状況になっているのです。


シニア層が持っているテープの知識の代表的なものは以下でしょうか。昔の古い知識をベースにしたイメージが抜け切れていないのですね。

  • スピードが遅い
  • すぐメディアがよれよれになってデータが読めなくなる
  • 磁気転写を起こしデータが読めなくなる
  • 保管したテープはときどき巻き直しが必要だ
  • メディアを出したり入れたりが手間がかかる
  • テープのデータを読み書きするには高価なアプリが絶対必要

テープは決して「ローテク」ではありません。古い概念を捨てて、この機会にテープテクノロジーの最新情報に触れてみてはいかがでしょうか。


読みやすい資料が数多くJEITAのサイトにまとまって紹介されています。手始めに読むとしたら、「テープストレージ動向-2017版-(pdf)」をお勧めします。


Tape Storage Is Not Dead!


ランキングに参加しています。

以下のバナーをクリックしていただくと、とても励みになります!

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ


見やすい★カテゴリーごとの記事一覧★もご参照ださい。

[ 2018年04月26日 21:00 ] カテゴリ:ストレージシステム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL