ワイヴァンアイエス研究所ブログ

ストレージシステムやITの技術動向やテクノロジーなどを紹介。その他、趣味的な話題もあります
ワイヴァンアイエス研究所ブログ TOP  >  Homebuild computer >  Googleの2段階認証プロセスを導入

Googleの2段階認証プロセスを導入

GoogleのGmailアカウントを使っている人を私の周りでも多く見かけます。セキュリティを強化するGoogle 『2段階認証プロセス』をPCのメールクライアントソフトに導入するステップです。


どなたでもできるように、スクリーンショットを使い1ステップずつ説明します。

  • ここでの説明は既にGmailアカウントを取得していて、『再設定用のメールアドレス』と『再設定用の電話番号』が設定してあり、『コードの取得方法』は簡単な『テキストメッセージ』を選択した設定で説明します。
  • 説明上「xxx」をクリック、として説明しますが、「Enter」キーでも可能な箇所もあります。

googleアカウントURL(https://myaccount.google.com/)にアクセスします。


2stepsAuthentic-03.gif

↑ブラウザーにgoogleアカウントでログインしてなければ、この画面になります。「Googleへのログイン」または右上の「ログイン」をクリック。


2stepsAuthentic-02.gif

↑パスワード入力。「エンター」キーまたは「次へ」をクリック。


2stepsAuthentic-1.gif

↑『2段階認証プロセス』が『オフ』になっています。この項目をクリック。


2stepsAuthentic-2.gif

↑『本人確認』です。パスワード入力。「エンター」キーまたは「次へ」をクリック。


2stepsAuthentic-15.gif

↑2段階認証プロセスに入ります。「開始」をクリック。


2stepsAuthentic-2.gif

↑『本人確認』です。パスワード入力。「エンター」キーまたは「次へ」をクリック。


2stepsAuthentic-17.gif

↑『再設定用の電話番号に設定した電話番号』で設定した電話番号が「使用する電話番号を選択してください」に表示されます。今回の例では『コードの取得方法』として「テキストメッセージ」を選択しています。「次へ」をクリック。


2stepsAuthentic-18.gif

↑「オンにする」をクリック。


2stepsAuthentic-19.gif

↑2段階認証プロセスが有効になりました。この時点で、メールクライアントでgmailアカウントに接続できなくなります(接続エラー)。ですが、先に『バックアップコード』を取得しておきます。「設定」をクリック。


2stepsAuthentic-2.gif

↑『本人確認』です。パスワード入力。「エンター」キーまたは「次へ」をクリック。


2stepsAuthentic-21.gif

↑事前に設定した電話に『6桁の確認コード』が着信しますので、それを入力。「次へ」をクリック。


2stepsAuthentic-22.gif

↑もしブラウザー機能の『Google Smart Lockでこのサイトのパスワードを保存しますか?』が表示されたら、「保存」をクリック。


2stepsAuthentic-23.gif

↑『バックアップコードの保存』が表示。ここで「印刷」をクリック。印刷したら安全な場所に保管。


2stepsAuthentic-24.gif

↑『2段階認証プロセス』のページで、上にある左矢印をクリック。


2stepsAuthentic-25.gif

↑Googleへのログインに戻り、「アプリパスワード」の項目をクリック。


2stepsAuthentic-2.gif

↑『本人確認』です。パスワード入力。「エンター」キーまたは「次へ」をクリック。


2stepsAuthentic-27.gif

↑『アプリパスワード』設定に移ります。


2stepsAuthentic-28.gif

↑「アプリを選択」をクリックしてメニューの中の「メール」を選択。


2stepsAuthentic-29.gif

↑「端末を選択」をクリックしてメニューの中の「Windowsパソコン」を選択。


2stepsAuthentic-30.gif

↑「生成」をクリック。


2stepsAuthentic-31.gif

↑『生成されたアプリパスワード』が表示されます。『使い方』にある説明のように、ご使用のメールクライアントを起動して、gmailアカウントのパスワードとして使います。

生成されたパスワードは、4文字ごとにスペースが入っていますが、スペースは無視します。つまり、16文字を続けて入力します。入力が終了したら、『生成されたアプリパスワード』の「完了」をクリックします。

注>この画面の左側で『Email address』と『Password』が入力できるように表示されていますが、例表示の画面です。ご使用のメールクライアントを起動してパスワードを設定してください。


SyloheedAccount1.gif

↑例としてメールクライアントSylpheedの場合のパスワード設定を示します。メイン画面の「設定(C)」をクリックして表示されるメニューから「現在のアカウントの設定(P)」を選びます。


SyloheedAccount2.gif

↑『パスワード』の箇所に、上の操作で説明した『生成されたアプリパスワード』を入力します。入力後に「適用(A)」をクリック。


2stepsAuthentic-32.gif

↑gmailサーバーに接続すると、2通のメールが着信しています。


2stepsAuthentic-36a.gif

↑メール件名が「2段階認証プロセスが有効になりました」の内容です。


2stepsAuthentic-38.gif

↑メール件名が「アプリパスワードを作成しました」の内容です。


2段階認証プロセスが設定されましたので、Gmailをこれまで以上に安心して使用できます。


ランキングに参加しています。

以下のバナーをクリックしていただくと、とても励みになります!

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ


見やすい★カテゴリーごとの記事一覧★もご参照ださい。

[ 2018年02月11日 10:46 ] カテゴリ:Homebuild computer | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL