ワイヴァンアイエス研究所ブログ

ストレージシステムやITの技術動向やテクノロジーなどを紹介。その他、趣味的な話題もあります
ワイヴァンアイエス研究所ブログ TOP  >  Homebuild computer >  Office 2013/Acrobat DCのCOMアドイントラブル

Office 2013/Acrobat DCのCOMアドイントラブル

ひさびさのトラブル対応のトピックです。


仕事の関係上、Microsoft OfficeとAdobe Acrobatを使う機会は多いです。バージョンは、Officeが2013で、AcrobatはDCです。あるとき、Microsoft Wordのタブから「ACROBAT」が消えました。有効なPDFMakerアドインが見つからないのです。原因は分かりません。


Word1.gif

↑これが正常状態です。ここにあるべき「ACROBAT」タブが消えてしまったのです。


調べてみると、アドインから「Acrobat PDFMaker Office COM」が消えていました。


解決にはAdobeサイトの「Acrobat DC または Acrobat 2017 をインストール後に、Office 2007、2010、2013 または 2016 で PDFMaker が使用できない問題」ページの解決策3を参考にしました。そのページのキャプチャーが下になります。


AcrobatPDFMaker.gif

↑説明におかしな箇所がありますので、わかりにくくなっています。実例に合わせて、説明します(以下)。


word2.gif

↑Wordを開き、左上にある「ファイル」タブをクリックし「オプション」と進みます。


word3.gif《この画像は問題がない正常な状態を示しています》

↑先ず①「アドイン」を選択します。今回のケースでは、②の箇所から「Acrobat PDFMaker Office COM Addin」が消え、③の箇所にも見当たらなくなっていました。④の「設定(G)...」をクリックします。


word4.gif《この画像は問題がない正常な状態を示しています》

↑今回のケースでは使用できるアドイン(D):に「Acrobat PDFMaker Office COM Addin」がありませんでした。「追加」をクリック。


word6.gif 

↑① C:\Program Files (x86)\Adobe\Acrobat 2015\PDFMaker\Office\x64フォルダーにある②「PDFMOfficeAddin.dll」を選択して、③「OK(O)」をクリック。これで正常に戻ります。


word8.gif

注意が必要なので追加の説明を加えます。64ビット環境なので、C:\Program Files (x86)\Adobe\Acrobat 2015\PDFMaker\OfficeにあるPDFMOfficeAddin.dllを選ぶと、「有効なOfficeアドインではありません」のエラーとなりますので注意が必要です。上記Adobeサイトの説明は少し不親切に感じます。


word10.gif

↑もし、Wordを再起動したとき「Acrobat PDFMaker Office COM」が有効にならなかったら、「管理者として実行」してから、ここで説明したアドイン設定を試してください。Wordを管理者として実行するには①タスクバーのコルタナに「word」と入力し、現れた「Word 2013」を右クリックして、②「管理者として実行」です。


ランキングに参加しています。

以下のバナーをクリックしていただくと、とても励みになります!

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ


見やすい★カテゴリーごとの記事一覧★もご参照ださい。

[ 2018年02月04日 13:08 ] カテゴリ:Homebuild computer | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL