ワイヴァンアイエス研究所ブログ

ストレージシステムやITの技術動向やテクノロジーなどを紹介。その他、趣味的な話題もあります
ワイヴァンアイエス研究所ブログ TOP  >  misc. >  ばらまき派 or 寄せ集め派?

ばらまき派 or 寄せ集め派?

何の話やら不明なタイトルですが、雪かきの話です。


先週の月曜日(2018.01.22)には、関東地方も何年かぶりの雪でした。住んでいる地域では20センチほど積もりました。


今日現在、もう自宅前の道路には雪は残っていません。でも、同じ通りでもまだ雪が残っているところがあります。この差は何でしょう?


「雪かき」の方法で差が出ているようです。


雪が積もった翌日の朝、近所では雪かきが始まりました。大抵は、道路の雪を自宅前の塀や角(カド)に寄せ集めています。


私は、家の前の道路に積もった雪を塀などに寄せ集めません。かといって、積もったままにしておくのでもありません。日光が当たり気温が上がっているときに、スコップで道路の雪を下から掘り起こしバラマキます。大きいままではなく小さい塊になるようにします。


こうすることで、空気と接する表面積が増えるのだと思います。それで寄せ集めた雪の塊よりも、早く溶けることになります。


寄せ集めた雪の塊は、日中の暖かいときに表面が溶けますが、そのまま夜から朝にかけて気温が下がったときに凍ります。あとからその雪の塊をスコップで砕こうとしても、硬くなり崩すのに苦労します(苦労している人を見かけます!)。


結果的に雪の残り方に1週間以上の差が出ているので、寄せ集めるより「ばらまき」が良さそうです。ただ、本格的な雪国地域ではこの方法は通用しないでしょうね。


バラマキをするときに注意があります。夕方になってまだ溶けていなかったら、道路の脇に寄せてください。翌朝になって、そのまま凍ってしまったら通行に危険ですので!!


ランキングに参加しています。

以下のバナーをクリックしていただくと、とても励みになります!

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ


見やすい「カテゴリーごとの記事一覧」もご参照ださい。

[ 2018年01月30日 21:05 ] カテゴリ:misc. | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL