ワイヴァンアイエス研究所ブログ

ストレージシステムやITの技術動向やテクノロジーなどを紹介。その他、趣味的な話題もあります
ワイヴァンアイエス研究所ブログ TOP  >  Homebuild computer >  メールクライアント(Mailspring)

メールクライアント(Mailspring)

普段は、Becky! Ver.2を使っています。


最近、「メールサーバーへの接続に失敗しました」が起こるようになりましたので、気分を変えてみたくなり、新しいメールクライアントソフトをインストールしてみました。


インストールしたのは海外製ソフトの「Mailspring」です。 メニューは英語ですが日本語メールの送受信が可能です。複数アカウントにも対応しています。


フリー版とプロ版がありますが、フリー版を使ってみました。

ダウンロード

製造元のサイト(https://getmailspring.com/)からダウンロードします。


MailspringSite.gif

↑「Download Mailspring Free」をクリックします。


MailspringDownload.gif

↑Windows、Mac、そしてLinux版の3種類のソフトが用意されいて、アクセスすると自動的に使っているシステムを判断して、対応する種類をダウンロードしてくれるポップアップウインドウが表示されます。


ここでは、Windows版の紹介となりますので、「ファイルを保存」をクリックすると、設定したフォルダーにソフトのインストーラー(MailsprintSetup.exe)が保存されます。


以下では、通常の「ダウンロード」フォルダーに保存した例で説明を進めます。

インストール

MailspringDownload2.gif

↑「ダウンロード」フォルダーに保存した「MailspringSetup.exe」をダブルクリックします。


Mailspring1.gif

↑下部にある「Get Started」をクリックします。


Mailspring2.gif

↑黒枠の円が3カ所あり、クリックするとそれぞれの説明が右側に表示されます。3カ所のすべてをクリックすると、右下の「Next」が「Get Started」に変わります。


Mailspring3.gif

↑「Get Started」をクリックします。


Mailspring4.gif

↑ここでMailspring IDを作成して登録します。First Name(名)、Last Name(姓)、Email(メールアドレス)、Password(パスワード)を入力して「Create your Mailspring ID」をクリックするとMailspring IDが作成されて登録されます。

メールアカウントの作成

複数アカウントが作成できますが、最初にひとつのアカウント作成すことから始まります。


Mailspring5.gif

↑メールアカウントの設定です。このメールアカウントの追加は後からでもメニューから行うことができます。例としてYahooメールを追加する画面です。


MailspringYahoo.gif

↑各項目に入力した後、「Connect Account」をクリックします。


Mailspring6.gif

↑メールアカウントが設定されたあとにMailspringの設定が起動します。


Mailspring7.gif

↑表示レイアウトをシングルパネルかツーパネルのいずれかを選択します。私は「Reading Pane On」にしました。「Looks Good!」をクリックすれば基本的な設定は終了です。

基本的な使い方

MailspringMain.gif

↑通常使うメインの画面です。左側にフォルダー、中央にメール一覧、右側にメール本文が表示されます。(なお、ここでは右上にある「sidebar」アイコンをクリックして非表示にしています。この機能はfree版では使えません)


MailspringReply.gif

↑メール返信は、一覧にあるメールを右クリックして、メニューの「Reply」をクリックすると、新規メールと同様の作成画面(下記)が表示されます。または、右ペインにあるメール本文の最後の下部に「Write a reply...」がありますので、そこをクリックしても、返信メールの作成ができます。


MailspringNewMessage1.gif

↑左上の「Compose new message」をクリックすると、新規メール作成画面が表示されます。


MailspringNewMessage2.gif

↑新規メール作成画面です。右下のクリップアイコンを使えばファイルの添付ができます。


MailspringAddAccount.gif

↑右上の3本バーのアイコンをクリックすると、メニューが表示されます。「Add Account...」をクリックすると、メールアカウントの追加ができます。


MailspringPreferences.gif

↑同様にメイン画面にある3本バーのアイコンをクリックしてメニューの「Preferences」をクリックすると、各種設定の画面になります。「Signatures」タブでは署名の編集ができます。「General」タブ内にある「Launch on system start」項目にチェックが入っていると、Windows起動時に“Mailspring”が起動します。


使ってみた感想ですが、全体的にデザインがきれいだと思います。動作は軽快です。メールの一覧はスレッド表示となります。非スレッド表示への変更(スレッド表示のオン・オフ)設定は見つかりませんでした。アドレスブック機能も見つかりませんでした。宛先に文字を入れると過去のコンタクト履歴から候補のメールアドレスは表示されます。



ランキングに参加しています。

以下のバナーをクリックしていただくと、とても励みになります!

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ


見やすい「カテゴリーごとの記事一覧」もご参照ださい。

[ 2017年12月09日 01:03 ] カテゴリ:Homebuild computer | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL