ワイヴァンアイエス研究所ブログ

ストレージシステムやITの技術動向やテクノロジーなどを紹介。その他、趣味的な話題もあります

Storage Newsletter(2020.05.27)から

欧米におけるストレージ技術の採用、プロジェクトの優先順位、および製品/機能のニーズ

原題:

Storage Technology Adoption, Projects Priorities and Products/Features Needs in US and Europe


上のリンクにあるストレージに関するユーザー調査/分析を読んでみました。米国企業1,123社と欧州(英、独、仏)企業560社が対象です。この調査では、テクノロジーの採用、プロジェクトの優先順位、製品/機能のニーズなど、合計20の質問項目に対する回答がグラフにまとめられています。


各グラフは米国の結果の降順で並べられており、ざっと目を通すだけでも、各項目における動向が把握できます。


各質問項目を日本語化して記述しますが、正確には上記にあるリンクの原文をご覧ください。以下、日本語化した質問項目です(参考まで)。


テクノロジーと製品に関する質問
#1:2020年の新プロジェクトで検討する技術とは?
 
テクノロジーとプロジェクトに関する質問
#2:2020年のストレージ(およびデータ管理)における優先順位トップ3は?
 
テクノロジーと購入オプションに関する質問
#3:ストレージ容量のニーズにどのように対応するか?
 
テクノロジーとプロセスに関する質問
#4:データをどのように保護するか?
 
テクノロジーとプロセスに関する質問
#5:エンタープライズSaaSアプリケーションを使用の場合、データをどのように保護するか?
 
テクノロジーとプロセスに関する質問
#6:テープを使うとしたら、どんな役割に使うか?
 
テクノロジーと製品の動向に関する質問
#7:SDSソリューションを採用中、現在評価中、または近々採用予定か?
 
テクノロジーに関する質問
#8:サーバ仮想化を採用の場合、ストレージの接続方法は?
 
テクノロジーや製品に関する質問
#9: vSANや代替品を採用中か、または採用予定か?
 
テクノロジーに関する質問

#10:コンテナを採用中か、または採用予定か?

#10’:モードはステートフルかステートレスか?

 
テクノロジーに関する質問

#11:SAN(FCまたはIP)を使用中は過去に採用の場合、NVMe-over-Fabricsを採用中もしくは採用を検討?

#11′:それはどのトランスポート層か?

 
テクノロジーと製品の機能に関する質問
#12:2020年に必要な機能および導入予定の機能は?
 
テクノロジーとベンダーに関する質問
#13:ブロックストレージで検討するトップ3のブランドは?
 
テクノロジーとベンダーに関する質問
#14:ファイルストレージで検討するトップ3のブランドは?
 
テクノロジーとベンダーに関する質問
#15:オブジェクトストレージで検討するトップ3のブランドは?
 
テクノロジーとベンダーに関する質問
#16:セカンダリーストレージで検討するトップ3のブランドは?
 
テクノロジーとベンダーに関する質問
#17:HCI(サーバ仮想化を含む)で検討するトップ3のブランドは?

以上が、リンク先の調査/分析における質問項目です。


個人的に興味をひかれた項目は以下です。

#1、オブジェクトストレージが4位と6位に、そしてテープが8位にランク(背景にウォームやコールド領域にあるデータの増加?)。光ディスクはランクに入っていない

#3、クラウド一辺倒ではなく、オンプレミスでの検討も多い

#4、バックアップとしてクラウドを使う「Copy to Cloud」は、10位で順位が低い

#5、SaaS使用においてバックアップが進んでいない(手法が確立されていない?)

#6、テープの用途はバックアップよりもアーカイブとコンプライアンスおよび災害対策

#7、SDSが一般化

#10、コンテナへの取り組みがそれほど積極的ではない


上記の記載内容は独自の理解と個人的な見解であり、間違いがないことを保証するものではないことをご理解ください。

以上です。


すべての記事をまとめた★カテゴリーごとの全記事一覧★がありますのでご覧ください。


にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ

[Ctrl]キーを押しながらクリックすると他のページに飛びません

[ 2020年05月29日 17:40 ] カテゴリ:ITインフラ | TB(0) | CM(0)

Cisco Webex Meetingsのプロファイル変更

Cisco Webex MeetingsでWeb会議を主催したとき、参加者のチェックで困ることがあります。「参加者」表示機能を使って、参加者をリスト表示させるのですが、表示される名前が『User』や『Owner』などで参加されると確認に手間取ります。


参加される方は主催者にわかるようにしてあげるのが親切です。わかりにくい参加者名になっていたら、Webex Meetingsでプロファイルを編集してください。ご自身で行う操作をブラウザ版で説明します。


まず、下記URLのどちらかからWebex Meetingsにアクセスし、

その後に以下の操作を行ってください。


WebexMeetings選択_New

①クリック、②メニューから[ミーティング]を選択しログイン画面へ


WebexMeetingsログイン1_New

①登録してあるメールアドレスを入力、②[次へ]をクリック


WebexMeetingsログインパスワード_New

①登録してあるパスワードを入力、②[次へ]をクリック


WebexMeetings会議室2_New

①クリック、②メニューの「自分のプロファイル」をクリック


WebexMeetings会議室3_New

[プロファイルを編集する]をクリック


WebexMeetings会議室4_New

①と②で氏名を編集(変更)。その他、必要に応じて③パスワード編集(変更)、④画像変更(アップロード)も可能。最後に⑤[保存]で変更を反映させる


以上です。


すべての記事をまとめた★カテゴリーごとの全記事一覧★がありますのでご覧ください。


にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ

[Ctrl]キーを押しながらクリックすると他のページに飛びません

[ 2020年05月18日 17:50 ] カテゴリ:misc. | TB(0) | CM(0)

アメリカ国家安全保障局のガイダンス

個人所有のデバイスを使用してテレワークに従事する米国政府職員や軍人を対象にしたガイダンスが、NSA(National Security Agency:アメリカ国家安全保障局)から発表されました。米国時間の4月24日です。そのガイダンスは以下からダウンロードできます。

https://media.defense.gov/2020/Apr/24/2002288652/-1/-1/0/CSI-SELECTING-AND-USING-COLLABORATION-SERVICES-SECURELY-LONG-FINAL.PDF


興味を惹かれましたので読んでみました。このガイダンスのタイトルは日本語にすると、「テレワークのためのコラボレーションサービスの選択と安全な使用」になると思います。


このレポートでは、オンラインビデオ会議ツールやメッセージングツールが「コラボレーションサービス」として取り扱われています。メジャーなものとしては、Cisco Webex、Google G Suite、Microsoft Teams、Skype for Business、Slack、Zoomなどです。


その中にある表だけを我流で日本語化してアップします。機能というより安全面からの評価がメインです。

以下の9項目について評価されていますが、9番目は評価表に含まれていません。

  1. サービスはエンドツーエンドの暗号化を実装しているか?
  2. 強力でよく知られた、テスト可能な暗号化規格が使われているか?
  3. ユーザーのIDを検証するために多要素認証(MFA)が使用されているか?
  4. コラボレーションセッションに接続している人の確認や制御ができるか?
  5. サービスのプライバシーポリシーでは、ベンダーがサードパーティまたは関連会社とデータを共有することを許可しているか?
  6. ユーザーは、必要に応じてサービスおよびリポジトリからデータを安全に削除できるか?
  7. コラボレーションサービスのソースコードは公開されているか(オープンソースなど)?
  8. サービスやアプリは、セキュリティに焦点を当てた国家的に認められた機関または政府機関によって審査または認証されているか?
  9. サービスは、USGの公式使用を危険にさらす可能性のある法律を持つ政府の管轄下で開発や運営がされているか?

この番号が表の列項目の番号として使われています。

なお、英語版オリジナル版の表の注釈番号として、サービス名以外の箇所に「12」と「14」がありますが、これは「1, 2」と「1, 4」と理解すべきかと思います。



念のため元のガイダンスにあった「免責事項」の我流の日本語訳抜粋を入れておきます。

  • 政府は、この分析の対象となった製品の試験や評価を実施しておらず、製品の公表された属性のみを確認しただけです。
  • 本書で説明されている説明と手順は、当該製品のNSA/CSS、DoD、またはUSGによる推奨を構成するものではなく、また示唆するものでもありません。
  • これは単に、特定の製品の使用方法や操作方法を、USG(United States Government)の担当者が非営利的に使用することを目的としています。

上記の記載内容は独自の理解と個人的な見解であり、間違いがないことを保証するものではないことをご理解ください。

以上です。


すべての記事をまとめた★カテゴリーごとの全記事一覧★がありますのでご覧ください。


にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ

[Ctrl]キーを押しながらクリックすると他のページに飛びません

[ 2020年05月16日 22:04 ] カテゴリ:misc. | TB(0) | CM(0)

反省:前準備が必要だった

Cisco Webex Meetingsのオンラインミーティングに初めて参加する人向けに「Cisco Webex Meetings参加の手引き」の記事を書きました。これを読めば、Webex Meetingsの会議に参加するのは「簡単なはず」、と考えていました。


しかし、考えが甘かったのです。「ブラウザ? Edge、Chrome、Firefoxってなに? アドレスバーはどこ?」の状態では、操作ができませんでした。


しかし、それでもWebex Meetings(ブラウザ)でオンラインミーティングをやってみたいと考えている人もいます。そのために必要なことを補足します。この後に「Cisco Webex Meetings参加の手引き」の操作を行えば、無事にWeb会議に参加できるでしょう。

Cisco Webex Meetings(ブラウザ版)を使用する前の準備

注:以下、「Cisco Webex Meetings」を「Webex Meetings」、「ウェブブラウザ」を「ブラウザ」、「Microsoft Edge」を「Edge」、「Google Chrome」を「Chrome」、「Mozilla Firefox」を「Firefox」と記述します。


ここでは、ブラウザを使ってWebex Meetings会議に参加するときに必要な事前確認と作業を説明します。

1. ウェブブラウザ(ブラウザ)とは

Wikipediaから引用:

パソコンやスマートフォン等を利用してWebサーバに接続するためのソフトウェアであり、ウェブページを表示したり、ハイパーリンクをたどったりするなどの機能がある。単に「ブラウザ」とも呼ばれる


ですから、普段から「ブラウザ」にはお世話になっているはずです。

2. ブラウザの種類

ブラウザにはいくつか種類があります。代表的なブラウザは、新旧二つの「Edge」、「Chrome」、「Firefox」です。Windows 10の標準ブラウザは、「Edge(新EdgeまたはEdgeレガシー)」です。


ご自身のPCのデスクトップやタスクバーをみると、どのブラウザがインストールされているかがわかります。以下、それぞれの「アイコン」と「名称」です。

ブラウザ4種


Webex Meetings会議でのブラウザとしては、「新Edge」、「Chrome」、「Firefox」の3種が適切でした。ご使用のPCで、この中の一つが既にインストールされていれば、以下のダウンロードとインストール作業は不要です。インストールされていないときは、以下のダウンロードとインストールを行ってください。

3. 各ブラウザのダウンロードの場所(URL)


新Edge:(Edgeレガシーを置き換えます)


Chrome:


Firefox:


ダウンロードしたら、通常は「ダウンロード」フォルダにダウンロードされますので、そのファイルをインストール(ダブルクリック)してください。

4. アドレスバーの位置

それぞれのブラウザの「アドレスバー」の場所を示します。「URLをコピー&ペーストする」という説明に出会ったら、URLを貼り付けるのはこの場所になります。アドレスバーの位置を下記のスクリーンショットで確認してください。


新Edge:

ChrベースEdge_New


Chrome:


Firefox:


以上が、ブラウザについてWeb会議に参加する最小限の基礎になります。続いて、Webex Meetingsから届く「招待状」とそのどこをコピーすればよいかを説明します。

Webex Meetingsの招待メール

Webex Meetingsの会議主催者から「招待状」がメールで参加者に通知されます。そこにはWeb会議の参加に必要な情報が記載されています。以下のようなメールです。

会議通知メール_new

上図の矢印の箇所には、URL(会議室に相当)があります。このURLをコピーしてブラウザのアドレスバーにペースト(貼り付け)してください。その時は、アドレスバーの位置を間違えないように注意してください。


このあとブラウザでWebex Meetings会議に参加する操作になりますが、今回の記事を踏まえれば、以下のURLにある操作は容易になります。


以上です。



すべての記事をまとめた★カテゴリーごとの全記事一覧★がありますのでご覧ください。


以下のバナーをクリックいただくと、とても励みになります!

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ

[Ctrl]キーを押しながらクリックすると他のページに飛びません

[ 2020年05月07日 18:40 ] カテゴリ:misc. | TB(0) | CM(0)

見ちゃったのよ

スーパーではある時間になると、総菜などの商品パックに値引きシールが貼られて販売されます。お得感があるのでつい買ってしまいがちかと思います。


大抵は、店頭で価格ラベルの上から値引きシールを貼っているのを見かけます。しかし、こんなことを耳にしました。近所のあるスーパー(個人店ではない)ではいったん商品を奥に引き上げ、ラベルそのものを貼りかえるのだそうです。


そこでの作業は、高い定価のラベルに貼り替え、値引きシールでの価格が前の定価になるように操作、その後に店頭に並べていたそうです。


妻の友人が『私、見ちゃったのよ』と言っていたと妻から聞きました。結局、値引きしていないで定価で売っているということです。


そんなことがあるんですね。その話の前からですが、そこでは買わないことにしています。ブログテーマから離れた内容でした。



すべての記事をまとめた★カテゴリーごとの全記事一覧★がありますのでご覧ください。


以下のバナーをクリックいただくと、とても励みになります!

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ

[Ctrl]キーを押しながらクリックすると他のページに飛びません

[ 2020年05月05日 21:49 ] カテゴリ:misc. | TB(0) | CM(0)

Cisco Webex Meetingsの開催方法

主催者としてCisco Webex Meetings(以下Webex Meetingsと記述)を開催する手順です。Webex Meetingsアプリではなくブラウザ(ChromeまたはFirefox)を使った操作説明になります。


すでにWebex Meetingsの「アカウントを取得済」という前提で進めます。アカウントを未取得の場合は、下記画面にある「サインアップ」から操作を行って取得してください(ここでは説明を割愛いたします)。

1.以下のURLにアクセスして開催操作を始めます(ログイン操作になります)。


2.Webexアクセス_New

↑「サインイン」をクリック


3.WebexMサインイン_New

↑[ミーティング]を選択


4.WebexMログイン

↑登録してある[メールアドレス]を入力して、[次へ]をクリック


5.WebexMサイト選択_New

↑登録サイトが一つであれば、この画面は出ない

↑もしサイトを複数登録してあれば、サイトを選択して、[続ける]をクリック


6.WebexMログインパスワード_New

↑パスワードを入力して、[次へ]


続いて以下の画面になりますが、会議の開催方法には2種類(以下、AとB)があります。

WebexMミーティング選択肢_New

A.簡単に直ちに会議を開催するときは[ミーティングを開始する]をクリック

B.予定日時を決めてミーティングを開催するときは[スケジュールする]をクリック


以下AとBに分けて、それぞれの操作を説明します。まず、直ちに会議を開始する方法の説明です。


A直ちに会議を開始

a1.WebexMミーティングを開始する_New

↑画面の矢印の箇所をクリックして、参加者に通知するURLなどの情報をクリップボードにコピーし、別途メールなどで参加者に通知する(アプリ版ではWebex Meetingsの中で通知が可能だが、ブラウザ版ではその機能は見当たらない)。

[ミーティングを開始する]をクリックして次に進む


a2.WebexM直ちに開催_New

↑ここでは、アプリを使わずブラウザを使ってWebex Meetingsを開催するので、上部ウインドウの[キャンセル]をクリック


a3.WebexMブラウザで開催_New

↑下部にある「ブラウザから参加」をクリック


a4.WebexM会議室1_New

↑[許可]、そして[スキップ]をクリック


a5.WebexM会議室2_New

↑[ミーティングを開始する]をクリック


a6.WebexM会議室3_New

↑別途メールなどでURLを通知した参加者が参加するのを待つ。


以上が直ちに会議を開催する方法となります。続いて、会議をスケジュールして開催する方法の説明です。


B会議をスケジュールして開催

b1.WebexMスケジュール開催_New

↑[スケジュールする]をクリック


b2.WebexMスケジュール1_New

↑「ミーティングの議題」を入力。「日時」の箇所では、タイムゾーンと日時、そして継続間を決める。先にタイムゾーンを選択してから日時を決めるのがよい。「出席者」の箇所には、参加者のメールアドレスを入力

(複数の時は、予め「メモ帳」などで、参加者のメールアドレスをベタ打ちで「,」または「;」で区切って作成しておき、それをコピーペストすると入力の手間が省ける)。

[開始]をクリック


b3.WebexMスケジュール2_New

↑出席者や日時などを確認して、よければ[スケジュールする]をクリック


b4.WebexMスケジュールされた会議をみる_New

↑スケジュールした会議の情報が表示される。(キャンセルしたければ、ゴミ箱のマークから取り消しが可能)

この段階で、Webex Meetingsの操作を一旦終了して、会議開始時刻前になったらブラウザでWebex Meetingsにログインしてもよい(最初の操作、1~6 で再開可)


b5.開催通知メール_New

↑別途、上記のようなメール(参加に必要な情報)が参加者に自動的に通知されている


b6.WebexMスケジュールされた会議を開始_New

↑スケジュールした会議の時間になったら、このページの最初で説明した操作 1~6 でWebex Meetingsを再開すると、「今後のミーティング」にスケジュールした会議が表示されている。開催したい会議を選んで、[開始]をクリック。

上述の「a4~a6」の操作を行い、参加者が参加してくるのを待つ


ブラウザ版を使った説明ですが、基本的な操作の流れはアプリ版の使用時にも役に立つと思います。アプリ版の方が使いやすいかと思いますが、凝った使い方をしないのであればブラウザ版でも十分な利用価値があります。

以上です。



すべての記事をまとめた★カテゴリーごとの全記事一覧★がありますのでご覧ください。


以下のバナーをクリックいただくと、とても励みになります!

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ

[Ctrl]キーを押しながらクリックすると他のページに飛びません

[ 2020年05月03日 21:55 ] カテゴリ:misc. | TB(0) | CM(0)