ワイヴァンアイエス研究所ブログ

ストレージシステムやITの技術動向やテクノロジーなどを紹介。その他、趣味的な話題もあります

Macrium Reflect7 Free Edition のバックアップ操作説明

以前(2017.07.13)「Reflect v6 Free(バックアップフリーソフト)の使い方 ー バックアップ編」という記事をアップしました。


2018年にすでにバージョン7(Reflect7)がリリースされていることは、「見事に失敗!「復元ポイント」からのシステム復元」の記事で触れましたが、特に操作説明は行ってきませんでした。


この度、改めてReflect7のバックアップ操作のスクリーンショットを取り直しましたので、バックアップ操作をスクリーショットで説明します。前回同様、レスキューディスクを作成し、そのディスクから起動する操作になりますが、WindowsにインストールしたReflect7を起動してバックアップする操作にも使えるはずです。


システム環境:

  • Windows 10 Home 64ビット
  • 内蔵ドライブ1台(Windowsとデータ用の2パーティション構成)
  • バックアップデータ保管用にUSB経由で外付けドライブ接続


注)バックアップを保管するドライブは、識別できるようにドライブ名を設定しておくことをお勧めします。間違いを防ぐことができ操作が楽になります。ここでは、「backup$WD1000」としています。


以下のスクリーンショットの配列に工夫はしておりません。ただ上から下にダラダラと並べてあるだけです。スクリーンショット中の赤字説明を参考にしてください。赤字説明以外の本文での説明は最小限になります。


では、Reflect7レスキューディスク起動のスクリーショットから始めます。


Reflect7op_p05.gif

キー入力を待ってます。素早く何らかのキーを押してください


Reflect7op_p06.gif

勝手に進行します


Reflect7op_p07.gif 

自動的に起動します


Reflect7op_p08.gif

Reflect7起動直後です


Reflect7op_p09.gif

追加説明なしです


Reflect7op_p10.gif

追加説明なしです


Reflect7op_p11.gif

追加説明なしです


Reflect7op_p12.gif

追加説明なしです


Reflect7op_p13.gif

①この例では、バックアップデータ保管のドライブとして「backup$WD1000」を使っていますので、ドライブ名が「backup$WD1000」あることを確認してください


Reflect7op_p14.gif

スクロールして、バックアップデータを保管するドライブを選択します


Reflect7op_p15.gif

追加説明なしです


Reflect7op_p16.gif

バックアップデータ保管用のドライブが選択されているか、ドライブレターを確認してください


Reflect7op_p17.gif

①この例では「年月日」のフォルダーを作ってバックアップデータを保管しています。キーマップが英語キーボードになっていますので、記号の文字を使わないことをお勧めします。


Reflect7op_p18.gif

追加説明なしです


Reflect7op_p19.gif

backupファイル名はデフォルトのままでも良いです。続いて「Advanced Options」を選択することをお勧めします


Reflect7op_p20.gif

追加説明なしです


Reflect7op_p21.gif

ブランクから変更します


Reflect7op_p22.gif

追加説明なしです


Reflect7op_p23.gif

四角で囲った箇所を確認したら、<Finish>でバックアップを実行します


Reflect7op_p24.gif

初期化が始まり、バックアップの速度がチェックされています


Reflect7op_p25.gif

あとは勝手に進行します


Reflect7op_p26.gif

進行していきます


Reflect7op_p27.gif

進行中です


Reflect7op_p28.gif

進行中です


Reflect7op_p30.gif

Verify(バックアップデータの確認)が始まりました


Reflect7op_p31.gif

Verifyが進行中です


Reflect7op_p32.gif

Verify(バックアップデータの確認)が無事終了してバックアップが完了です


Reflect7op_p33.gif

<Close>してください


Reflect7op_p34.gif

バックアップしたデータが圧縮されていることがわかります


Reflect7op_p35.gif

終了操作です


Reflect7op_p36.gif

とくに説明はありません


Reflect7op_p37.gif

スクリーンショットに書き込んだ説明を参考にしてください


以上までがバックアップ操作のスクリーンショットになります。


以下は、バックアップ時にエラーが起きたときのスクリーンショットです。あまり目にすることはないと思いますので、参考までに掲載します。

Reflect7op_p38.gif

バックアップデータを格納するドライブをフォーマットし直すなどのチェックが必要ですが、交換するのが無難です!何らかの異常が発生している可能性があります。



すべての記事をまとめた★カテゴリーごとの全記事一覧★がありますのでご覧ください。


以下のバナーをクリックしていただくと、とても励みになります!

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ

[Ctrl]キーを押しながらクリックすると他のページに飛びません

[ 2019年02月22日 10:25 ] カテゴリ:バックアップ/リストア | TB(0) | CM(0)

「架空請求はがき」が再び

昨日、「民事訴訟最終通達書」というハガキが届きました。昨年(2018年)11月に届いた「総合消費料金未納分訴訟最終通達書」というハガキと同様の架空請求です。


そのときのトピックにも書いたのですが、相変わらず表面の宛先住所が間違っています。今回のハガキの送り元(連絡先名称)は「訴訟通知センター」で住所は「千代田区霞が関1丁目1番地3号」、電話番号は「03-6812-1565」と記載されています。


img20190220_06550413.png

↑↑実際届いたハガキ


表面の消印は「光が丘」なので、練馬区ですか。上記の住所「千代田区霞が関」と異なる場所から発送?。


面倒ですが、一応「消費者ホットライン188」に電話して架空請求はがきが届いたことを連絡しておきました。この地域で最近起きている架空請求はがきで、決して記載の電話番号には連絡しないようにと念を押されました。もちろん、電話などしません。


ご自身が注意するとともに、周りで見かけたら詐欺であることを教えてあげましょう。



すべての記事をまとめた★カテゴリーごとの全記事一覧★がありますのでご覧ください。


以下のバナーをクリックしていただくと、とても励みになります!

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ

[Ctrl]キーを押しながらクリックすると他のページに飛びません

[ 2019年02月20日 08:05 ] カテゴリ:misc. | TB(0) | CM(-)

筋肉痛が早くとれました

久々に2000メートル泳いだら筋肉痛になりました。マシンを使った筋トレはほぼやりませんが、水泳だけでもかなり筋力を鍛えられることが分かります。内容は、「今日は少なめ」に書いたメニューのようなトレーニングです。


泳いだ後、気がつきにくいのですが、肩周りと腿の筋肉が硬く張っています。

普通ですと筋肉痛は二三日続くはずですが、今回は一日だけで済みました。いつもの通り泳いだ後、ヨガ的なストレッチを1時間以上行って体をほぐしてお終いとします。しかし、筋肉の張りが気になったので、ストレッチマットの近くに置いてあったソフトボール大の球体を身体の硬くなった箇所の下に敷いて、コロコロと転がしてみました。かなり効きます。イタイです。でも、これが良かったようです。筋肉痛が短期間で済みました。


調べてみたら、ソフトボール大の球体はフィットネス用なのですね。重さが「4 LB」(4ポンド、約1.8kg)。メディシンボールなので本来は筋トレ用です。身体の重さで少し変形するので使い易いです。


すべての記事をまとめた★カテゴリーごとの全記事一覧★がありますのでご覧ください。


以下のバナーをクリックしていただくと、とても励みになります!

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ

[Ctrl]キーを押しながらクリックすると他のページに飛びません

[ 2019年02月19日 07:32 ] カテゴリ:スポーツクラブばなし | TB(0) | CM(0)

ダブルクリックは難しい?

ご高齢者にPC操作を指導させていただく機会があります。中にはキー入力やマウスの使い方に苦労される方もいらっしゃいます。


過去にも、マウスのドラッグ操作に苦慮されているのを見かける事がありましたので、「ドラッグ操作が難しければ」という記事をアップしたこともあります。


今回は、『ダブルクリック』操作についてです。マウスのダブルクリックが苦手という初心者は結構いらっしゃいます。


デスクトップにある「アイコン」をダブルクリックして、アプリを起動する操作は良く行いますが、マウスのポインタを動かさずに『カチカチ』と連続してクリックするのが難しいのです。1回目の『カチ』のときにマウスの位置がずれてしまい、次に『カチ』とクリックしてもダブルクリックとして感知されないので、アプリが起動できません。


こんなときは、いくつかの方法があります。よくあるのは「マウスのプロパティ」にある「ダブルクリックの速度」を遅くする、という設定です。


でも、もっと簡単な方法があります。デスクトップにあるアイコンからアプリを起動するだけなら、該当するアプリのアイコンを一回クリックして選択したら、「Enter」キーを押してください。これでアプリが起動します。同様に「ごみ箱」も一回クリックして「Enter」キーを押すと、ごみ箱が開きます。


本当によく使うアプリなら、『タスクバーにピン留めする』をしておいても良いですね。これなら一回のクリックで起動ができます。


標準の方法だけではなく「楽な操作法」も教えてあげるのもありかなと思います。PCがいやにならないで楽しんでほしいのです。



すべての記事をまとめた★カテゴリーごとの全記事一覧★がありますのでご覧ください。


以下のバナーをクリックしていただくと、とても励みになります!

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ

[Ctrl]キーを押しながらクリックすると他のページに飛びません

[ 2019年02月12日 21:45 ] カテゴリ:misc. | TB(0) | CM(-)

31 EB(エクサバイト)

昨日の2月5日、イベント「IDC Storage Vision Japan 2019」というセミナーを聴講してきました。このセミナーにはほぼ毎回参加しています(多分十数年間ほど)。もともとストレージ(倉庫ではなくIT製品)が専門分野なので、業界動向や技術動向を把握するにはとても役に立つイベントなのです。


昨年も出席し、そのトピックとして「163 Zeta Bytes」という記事を投稿しました。『全世界のデジタルデータの生産量が2025年には163 ZB(ゼタバイト)に達する』という予測の163 ZBがいかに大きい量であるかを感覚的に把握しようとした内容でした。


今回は新しい予測の案内はなかったのですが、資料の中に「エンタープライズストレージシステムの国内出荷容量は2022年には31.0 EBに増加する」という記述がありました。この大きさ(量)を感覚的に把握するため記事「163 Zeta Bytes」と同様にDVD-R/RWの枚数に換算してみます。


EB(エクサバイト)はExa BytesまたはExabyteの略で、TB(テラバイト)の1000×1000倍、またはGB(ギガバイト)の1000×1000×1000倍の容量を表す単位です。


31EB(31×109GB)はDVD-R/RW(容量4.7GB)を基にすると、

31EB ÷ 4.7GB =31×109 ÷ 4.7 ≒ 6.595×109 ⇒ 約66億枚

直径120mm(0.12×10-3km)のDVDを66億(6.6×109)枚直径方向に並べると、

0.12×10-3(km)×6.6×109(枚) ≒ 7.9×105(km)

地球と月の中心間距離の384,400km(3.8×105 km)をもとにして、DVD66億枚分は「地球と月の距離」の何倍かというと、

7.9×105 ÷ 3.8×105 ≒ 2.1 ⇒ 約2倍


昨年の記事、163ZBよりはインパクトは少ないかもしれません。しかし、それでもDVDを並べると、月にいって戻ってくる距離に相当するのです。31EBは十分大きな容量といえませんか。



すべての記事をまとめた★カテゴリーごとの全記事一覧★がありますのでご覧ください。


以下のバナーをクリックしていただくと、とても励みになります!

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ

[Ctrl]キーを押しながらクリックすると他のページに飛びません

[ 2019年02月06日 12:56 ] カテゴリ:ITインフラ | TB(0) | CM(-)

Thunderbird「・・・との接続が切断されました」。なのでDNSを変更

クライアントメール(メーラー)として、今はThunderbirdを使っています。約半年くらい前から、メーラー反応がなんとなく鈍いように感じることが多くなりました。


おまけに、メッセージ「サーバーimap.gmail.comとの接続が切断されました。サーバーがダウンしたか、ネットワークに問題があるかもしれません」が多く出現するようになりました。実際の出現メッセージは以下です。


thdbd-disconnect.gif


それで昨日、思いつきでDNSを変更してみました。これまではプロバイダーのDNSをルーターに設定していましたが、無料で使える他のDNSに変更しました。


無料で使えるDNSサービスとして、OpenDNSやGoogle Public DNS、Quad9、Norton ConectSafe、Cloudflareなどがあります。この中のどれでも良いのですが、OpenDNSを使ってみました(目的やお好みで選択可)。


約2日経ちましたが、上記のメッセージ(・・・との接続が切断されました)は出現しなくなりました。メーラーThunderbirdの動作も軽快です(数値的な根拠はありませんが)。


なお、DNSの設定はLAN内の各PCやデバイスではなく、ブロードバンドルーターで行っています。



すべての記事をまとめた★カテゴリーごとの全記事一覧★がありますのでご覧ください。


以下のバナーをクリックしていただくと、とても励みになります!

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ

[Ctrl]キーを押しながらクリックすると他のページに飛びません

[ 2019年02月01日 22:43 ] カテゴリ:Homebuild computer | TB(0) | CM(-)