ワイヴァンアイエス研究所ブログ

ストレージシステムやITの技術動向やテクノロジーなどを紹介。その他、趣味的な話題もあります

トラブル時に役に立つ、セーフモード起動(Windows 10)

トラブル時に役に立つ、「セーフモード」ブートの方法です。


注)BIOSがレガシーモード(Legacy mode)で起動する設定のWindows 10では、メニューの出方が少し異なります。以下は、UEFIモードを使用しているWindows 10の説明になります。


UEFIブートの方法を5タイプ紹介しましたが、方法2~5の後半部で選択肢を少し変えると、「セーフモード」で起動できます。以下、参照用のURLです。



上記方法のいずれかを使って、「詳細オプション」ページまでたどり着いてください。その後は、下記の操作になります。


DetailsOption01_New.gif

下部にある「その他の修復オプションを表示」を選択(クリック)


DetailsOption02_New.gif

「詳細オプション」ページの「スタートアップ設定」を選択(クリック)


StartUpSetting01_New.gif

「スタートアップ設定」ページの[再起動]をクリック。次に(一瞬真っ暗な画面になり)再起動して下の画面に進む


StartUpSetting02_New.gif

スクリーンショットにあるように、数字キーまたはファンクションキーを使う。以下はここで、数字キーの[4]を押した例


SafemodeBoot13_new.gif

セーフモードでの起動が始まる


SafemodeRebootLogon01_new.gif

ログオン画面。先ほど、ネットワークを有効にしないセーフモードの[4]を選択したので、ネットワークのアイコンに[×]がついている。パスーワードを入力してログオン


SafemodeDesktop02_New.gif

「セーフモード」で起動したデスクトップ画面。四隅に「セーフモード」の文字が示される


以上が、セーフモードで起動する方法です。このあと、トラブル対応などを行います。



すべての記事をまとめた★カテゴリーごとの全記事一覧★がありますのでご覧ください。


以下のバナーをクリックしていただくと、とても励みになります!

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ

[Ctrl]キーを押しながらクリックすると他のページに飛びません

[ 2018年12月24日 21:56 ] カテゴリ:misc. | TB(0) | CM(-)

スタートボタンをクリックしても反応しない(Windows 10)

Windows 10 version 1709のトラブルでヘルプ要請がありました。スタートボタンをクリックしても何も反応しない、という症状です。


管理者権限で以下のコマンドを実行してもらいました。

  1. Dism.exe /Online /Cleanup-Image /RestoreHealth
  2. sfc /scannow

「1で、『復元操作は正常に完了しました』が表示されたら、続いて2のコマンドを実行してください。」と伝えたのですが、そのまま1と2を実行したそうです。(1のコマンド実行結果ですが、復元操作は行われず正常に終了したようです)


このコマンドのあとスタートボタンの反応が回復して正常に機能したので直ったと安心したそうですが、再起動すると無反応の状態に戻るのです。それで、現場で対応してほしいと依頼がきました。


このトピックの最初に書いたように、問題を起こしているのがversion 1709のままのWindows 10ということなので、Window Updateがらみ(何らかのトラブルでupdateがうまくいっていない)なのでしょう。ユーザーに確認したら、このPCはversion 1803へのアップデートが失敗してできなかった、ということが分かりました。


途中経過は省略します。対処は、「ディスクのクリーンアップ」です。「削除するファイル」の中で「Windows Updateのクリーンアップ」にチェックをつけて実行しました。ただし、通常モードではなくセーフモードで行います。時間はかかりますが、我慢して終了を待ちます。今回は30分くらいかかりました。


その後、通常に起動させてスタートボタンの動作が正常であることを確認しました。何度か再起動させてもスタートボタンの動作に問題はありません。問題は解決しました。


この後、version 1809にアップデート作業を行い無事終了しました。version 1709からversion 1809への直接アップデートも完了です!


なお、セーフモードでの起動方法は、以前の記事、UEFIブートの方法2~方法5が途中まで流用できます。詳しい手順は、別の記事としてアップします。



すべての記事をまとめた★カテゴリーごとの全記事一覧★がありますのでご覧ください。


以下のバナーをクリックしていただくと、とても励みになります!

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ

[Ctrl]キーを押しながらクリックすると他のページに飛びません

[ 2018年12月23日 16:19 ] カテゴリ:misc. | TB(0) | CM(-)

UEFIブート【方法5】

ログオン後、「shutdown」コマンド(オプションつき)を使う。


「shutdown」コマンドを入力する2つの方法をご紹介します。方法4と同様、「オプションの選択」画面から入って処理を進めます。


デスクトップで、キー[Win]+[A]、[A]のショートカットで「PowerShell」画面を開くか、または、キー[Win]+[A]で、「ファイル名を指定して実行」画面を開きます。

いずれかの画面で、「shutdown /r /o /t 0」というコマンドを入力してください。オプションの文字は、「アール、オー、ティー、ゼロ」です。


shutdownCMD01.gif

↑こちらは、PowerShellを管理者権限で起動して、コマンドを入力する方法


shutdownCMD02.gif

↑こちらは、「ファイル名を指定して実行」に、コマンドを入力する方法


上記のいずれかで、下記の状態に移行します。

UEFImethod41.gif

「トラブルシューティング」の画面が出たら、スクリーンショットの通りクリックして進んでください。「詳細オプション」→「UEFIファームウェアの設定」→「再起動」です。


以上の操作で再起動が始まり、「UEFI」の設定画面に入れます。



すべての記事をまとめた★カテゴリーごとの全記事一覧★がありますのでご覧ください。


以下のバナーをクリックしていただくと、とても励みになります!

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ

[Ctrl]キーを押しながらクリックすると他のページに飛びません

[ 2018年12月21日 18:27 ] カテゴリ:misc. | TB(0) | CM(-)

UEFIブート【方法4】

ログオンしてから、[shift]キーを押しながら[再起動]を選択。


この方法は、前回の「方法3」より、1ステップ多くなります。


普通にWindowsを起動して、ログオンします。デスクトップが表示されたら以下の操作を開始します。


UEFImethod40.gif

標準ではデスクトップの左下にある「スタート」ボタンから開始します。[スタート]そして[電源]をクリックし、現れた[再起動]を[shift]キーを押しながらクリック。


UEFImethod41.gif

「トラブルシューティング」の画面が出たら、スクリーンショットの通りクリックして進んでください。「詳細オプション」→「UEFIファームウェアの設定」→「再起動」です。


以上の操作で再起動が始まり、「UEFI」の設定画面に入れます。



すべての記事をまとめた★カテゴリーごとの全記事一覧★がありますのでご覧ください。


以下のバナーをクリックしていただくと、とても励みになります!

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ

[Ctrl]キーを押しながらクリックすると他のページに飛びません

[ 2018年12月19日 22:34 ] カテゴリ:misc. | TB(0) | CM(-)

UEFIブート【方法3】

通常起動のログオン画面で、[shift]キーを押しながら[再起動]を選択。


ログオン時にパスワード入力を設定していることがこの方法が使える条件となります。うまくいけば、少ない手順でUEFIブートができます。


通常に起動を行い、パスワードを入力する画面から始めます。


LogOn_ShiftReboot.gif

パスワードを入力する画面で、右下にあるマークをクリックして現れるメニューから[shift]キーを押しながら[再起動]をクリック。


その後の操作は、以下をご覧ください。

Trbl_Opt_UEFI.gif

スクリーンショットの通りクリックして進んでください。「トラブルシューティング」→「詳細オプション」→「UEFIファームウェアの設定」→「再起動」です。


以上の操作で再起動が始まり、「UEFI」の設定画面に入れます。



すべての記事をまとめた★カテゴリーごとの全記事一覧★がありますのでご覧ください。


以下のバナーをクリックしていただくと、とても励みになります!

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ

[Ctrl]キーを押しながらクリックすると他のページに飛びません

[ 2018年12月17日 21:19 ] カテゴリ:misc. | TB(0) | CM(-)

UEFIブート【方法2】

ログオン後に、「Windowsの設定」画面から行う。


手順としては、紹介する5つの方法の中で一番長くなります。説明は、スクリーンショットにもいれてあります。


ログオンして、デスクトップが表示されたら操作を開始します。


start-setting1215.gif

標準ではデスクトップの左下にある「スタート」ボタンから開始し、[設定]をクリックで「Windowsの設定」画面に入ります。または、ショートカット[Win]+[I]キーでも「Windowsの設定」画面に入れます。


以下は、「Windowsの設定」が開いたあとの操作です。


windows-settings1215.gif

続いての操作は、点線赤枠で囲った箇所をクリックしていくだけです。

「更新とセキュリティ」→「回復」→「今すぐ再起動」→「トラブルシューティング」→「詳細オプション」→「UEFIファームウェアの設定」→「再起動」


以上の操作で再起動が始まり、「UEFI」の設定画面に入れます。



すべての記事をまとめた★カテゴリーごとの全記事一覧★がありますのでご覧ください。


以下のバナーをクリックしていただくと、とても励みになります!

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ

[Ctrl]キーを押しながらクリックすると他のページに飛びません

[ 2018年12月15日 18:54 ] カテゴリ:misc. | TB(0) | CM(-)

UEFIブート【方法1】

PC起動中(直後)にメーカーのロゴが表示されたら、 [F2]か[F12]、または[DEL]キーを押す。


単純な方法ですが、タイミングが意外と難しいのです。UEFIの設定によっては、この方法ではUEFIブートができないことがあります。


記事としての内容はあまりありませんが、前回の「UEFIブートする確実な方法は?」で記載しましたので、説明しておきます。


手元にある実機中の2機の起動直後の写真を撮影しましたので、それを例にします。当然ながらPCメーカーや機種によって現れる画像やマークは異なります。


method1.gif

写真の左は自作機、右はDell製のPCです。マシンによって押すキーは異なりますが、多いのは[F2]でしょうか。あらかじめ、どのキーかを説明書等で調べて、キーの位置を確認しておきます。もたもたしているとUEFIブートのタイミングを逃してしまいます。この写真のようなロゴや画像が出現したら、すかさず[F2]等のキーを押します。


UEFIブートに成功すると、以下の画面に移ります。


UEFIstart1.gif

UEFIの画面です。左が自作機、右がDell製PCの2例です。PCメーカーやBIOSメーカー、モデルによって構成やメニューは大きく異なります。UEFIブートができると、起動ドライブ順番の変更や各種モードの設定を行えます。



すべての記事をまとめた★カテゴリーごとの全記事一覧★がありますのでご覧ください。


以下のバナーをクリックしていただくと、とても励みになります!

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ

[Ctrl]キーを押しながらクリックすると他のページに飛びません

[ 2018年12月14日 09:00 ] カテゴリ:misc. | TB(0) | CM(-)

UEFIブートする確実な方法は?

前提は、Windows 10です。(済みません、他のバージョンは試していません。多分、Windows 8.1でも有効かも知れません)


最近のPCでは、BIOSがUEFIモードを使用していることが多くなってきています。ライブCD/DVDやUSBフラッシュドライブなどから起動するとなると、UEFIで起動ドライブを切り替える設定を行うため、どうしてもUEFIブートしなければなりません。そのため、UEFIブートを行う方法を知っておく必要があります。


定番は、起動中(直後)、PCメーカーやBIOS製造メーカーのロゴマークが表示されたら、[F2]または、[F12]、[DEL]キーなどを押す、という方法です。


しかし、各メーカーによって押すべきキーが異なりますし、押すタイミングが微妙です。また、UEFIの設定でFastモードが有効になっているとキーを押すタイミングがなくWindowsが起動してしまいます。この方法は簡単でよいのですが、機能しないことがあります。


そこで、この定番の方法も含めて、5種類の方法を挙げます。使い易い方法をひとつでも見つけて覚えておくと便利です。なお、以下に並べた順番に意味はありません。

  • 方法1
    • 起動中にPCメーカーのロゴが表示されたら、 [F2]か[F12]、または[DEL]キーを押す(キーの種類はメーカーによって異なることがある)
  • 方法2
    • ログオン後、「Windowsの設定」画面から始め「回復」を経由して行う
  • 方法3
    • 通常起動のログオン画面で、[shift]キーを押しながら[再起動]を選択
  • 方法4
    • 起動後、[スタート]をクリック、続いて[電源]をクリックして[shift]キーを押しながら[再起動]を選択
  • 方法5
    • ログオン後、「shutdown」コマンドにオプションを指定して実行

上記の各項目について、もう少し詳しい説明は別途の記事として掲載を予定してます。



すべての記事をまとめた★カテゴリーごとの全記事一覧★がありますのでご覧ください。


以下のバナーをクリックしていただくと、とても励みになります!

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ

[Ctrl]キーを押しながらクリックすると他のページに飛びません

[ 2018年12月10日 22:17 ] カテゴリ:misc. | TB(0) | CM(-)