ワイヴァンアイエス研究所ブログ

ストレージシステムやITの技術動向やテクノロジーなどを紹介。その他、趣味的な話題もあります

ばらまき派 or 寄せ集め派?

何の話やら不明なタイトルですが、雪かきの話です。


先週の月曜日(2018.01.22)には、関東地方も何年かぶりの雪でした。住んでいる地域では20センチほど積もりました。


今日現在、もう自宅前の道路には雪は残っていません。でも、同じ通りでもまだ雪が残っているところがあります。この差は何でしょう?


「雪かき」の方法で差が出ているようです。


雪が積もった翌日の朝、近所では雪かきが始まりました。大抵は、道路の雪を自宅前の塀や角(カド)に寄せ集めています。


私は、家の前の道路に積もった雪を塀などに寄せ集めません。かといって、積もったままにしておくのでもありません。日光が当たり気温が上がっているときに、スコップで道路の雪を下から掘り起こしバラマキます。大きいままではなく小さい塊になるようにします。


こうすることで、空気と接する表面積が増えるのだと思います。それで寄せ集めた雪の塊よりも、早く溶けることになります。


寄せ集めた雪の塊は、日中の暖かいときに表面が溶けますが、そのまま夜から朝にかけて気温が下がったときに凍ります。あとからその雪の塊をスコップで砕こうとしても、硬くなり崩すのに苦労します(苦労している人を見かけます!)。


結果的に雪の残り方に1週間以上の差が出ているので、寄せ集めるより「ばらまき」が良さそうです。ただ、本格的な雪国地域ではこの方法は通用しないでしょうね。


バラマキをするときに注意があります。夕方になってまだ溶けていなかったら、道路の脇に寄せてください。翌朝になって、そのまま凍ってしまったら通行に危険ですので!!


ランキングに参加しています。

以下のバナーをクリックしていただくと、とても励みになります!

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ


見やすい「カテゴリーごとの記事一覧」もご参照ださい。

[ 2018年01月30日 21:05 ] カテゴリ:misc. | TB(0) | CM(0)

認知症予防

同じカテゴリーの一つ前の記事「ダイエット効果の高いエクササイズ」で書いたように、ウォーキングを取り入れています。


泳ぐ距離を少なくしたので、補完の意味で追加したメニューです。しかし、「別の効果が期待できるのでは」と思いつくことがありました。


ウォーキングはランニングマシンで行っています。そこには「TV」が付いていますので、たいていの人は何かの番組を視聴しながら走ったり歩いたりしています。


これだと受け身状態なので、脳への刺激が少ないと思います。この時間を脳のために能動的「有効活用」することにします。いま試しているのは、「歩きながらカウントアップ」です。1や2のカウントアップは楽すぎますので、3を使っています。0、3、6、9、12、・・・・・、600まで。


早歩きのテンポに合わせながらだと意外と難しいものです。正直、始めた頃は途中で何度もやり直すことがありました。途中で逆にカウントダウンしたり、いまの数が3で割りきれるかなどチェックすることもあります。続けると確実に計算は速くなります。


これは、前の数を『記憶』しておく、という回路の維持に役立っているかと思います。慣れたら、別のパターンを使うつもりです。例えば、1、4、7、・・・、や、0、7、14、21、・・・などです。


認知症予防に良いかも知れません。


ランキングに参加しています。

以下のバナーをクリックしていただくと、とても励みになります!

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ


見やすい「カテゴリーごとの記事一覧」もご参照ださい。

[ 2018年01月23日 14:42 ] カテゴリ:スポーツクラブばなし | TB(0) | CM(0)

間違い探しクイズ?

今回は、ちょっとしたクイズ(間違い探し)のようなトピックです。


Microsoft Wordを教えさせていただいていたときのことです。Word上で、「挿入」タブからリボンの「図形」で四角や楕円、曲線などを描いたり編集する初歩的な練習です。


その中の一人が講習終了時刻近くになって『描いた図形が選べなくなった』というのです。


その場(席)に行って確認してみましたら、確かに図形(オブジェクト)が選択できません。図形がすべて「グレーアウト」されています。全く同じWord文書ではありませんが、それに似せて作成した図形描画の画面キャプチャーが下図になります。

word_unselectable.gif(問題の文書)


その場では原因は分かりませんでした。終了時刻間近だったので、そのファイルをコピーさせていただき、じっくり調べることにしました。


当初、「実行環境」に依存する原因かも知れないと思ったのですが、自宅の3台のPCで確認したところ、やはり図形を選択できません。従って実行環境ではなく、ファイル自体に問題があるのです。


試しに同じような図形を描いてみました(下図)。こちらでの図形はすべて選択可能です。

word_selectable.gif(正常な文書)


上の問題の文書と下の正常な文書の画面でどこかが違うのです(色の濃淡以外)・・・。


もう分かりますよね。答えは「改行マーク」の個数(というか場所)に違いがあります。図形が選択できない状態のWord文書(問題の文書)では、「改行マーク」がヘッダー部にもあります。


ここで気がついた人がいると思います。そうです! 問題のword文書では、ヘッダー部に図形を描いてしまっていたのです。


それを確認してみました。「挿入」タブ→「ヘッダ-とフッター」リボン→「ヘッダー」→「ヘッダーの編集」と辿りヘッダー部を表示させると、図形が選択でき、そのとき「アンカー」がヘッダー部に出てきました(下図では長方形を選択したとき、左上にアンカーマークが表示)。

word_anchor.gif(問題の文書)


これで確かです。ヘッダ-部に図形を描いていたのです。


しかし、初心者クラスなので「ヘッダーの編集」を教えていません。なのに、どうして? 多分、以下の操作を行ったのでしょう。

  1. マウスの操作に慣れていないため、ポインターを移動させるときにたまたま誤ってボタンを押してしまい「ヘッダーの編集」に入った
  2. ヘッダー部(文書の本文箇所に描いているつもり)で図形描画の練習を進めた
  3. 講座終了時刻前に「上書き保存」をした

このようにしてwordに戻ると「本文箇所を編集する」状態になるため、ヘッダー部に描いた図形は選択できないことになります。


操作した本人は全く気づいていませんが、今回の現象は思いもよらない操作の結果でした。


ランキングに参加しています。

以下のバナーをクリックしていただくと、とても励みになります!

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ


見やすい「カテゴリーごとの記事一覧」もご参照ださい。

[ 2018年01月21日 21:31 ] カテゴリ:misc. | TB(0) | CM(0)

ちょっとした入力の効率化

PCの操作を教えていていろいろ気づかされることがあります。これもそのひとつです。


キーボードから入力していて、最後の段階にポップアップで『「OK」ですか?』のような確認のウインドウが出ることがあります。このとき、ほとんどの人がキーボードから手を離して、マウスに手を移してクリックしています。


ついマウスで操作をしがちですが、キーボードから手を離さないで『Enter』キーを押せば良いのです。


初心者ですからブラインドタッチをしていないので、視線は「キーボード」→「マウス」→「画面」と移動した後、再度キーボード入力のため「キーボード」に視線が戻る、という動きになります。


入力はなるべく楽に済ませるのが疲れないコツのひとつです。「キーボードから入力しているときは、極力キー入力だけで済ませる」ことをお伝えしています。


Windows起動後の「ログオン」パスワード入力時もそうですね。パスワードを入力したら、キーボードから手を離さず、「Enter」キーです。


ランキングに参加しています。

以下のバナーをクリックしていただくと、とても励みになります!

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ

[ 2018年01月16日 19:42 ] カテゴリ:misc. | TB(0) | CM(0)

ドラッグ操作が難しければ

PC(パソコン)の操作をお教えすることがあります。多くは初心者です。


これまでの障害対応の経験から、PCの電源を切るときは「必ずシャットダウンしてください。」と伝えたりしています。


キー入力とマウスの操作も慣れないと難しいようです。特に気になるのはマウスで、コピーやカットする範囲を選択するときに使う「ドラッグ」操作です。


『選択範囲の開始地点にカーソルを置き、マウスの左ボタンを押しながらマウスを終了地点まで移動して左ボタンを離す。』


マウスをクリックしたまま左から右に移動してボタンを放すだけの操作なのですが、なかなか簡単にいかない人が結構多いのです。上下方向にずれてしまったり途中で左ボタンを離してしまうようです。マウスの左ボタンを押したままマウスを移動するのが難しいのでしょう。


このようなときには、ドラッグで選択しなくて済む別の方法を使うと操作が楽になります。


『マウスポインターを選択する範囲の開始地点(左側)に置いてクリック、シフトキーを押したまま、選択する範囲の終了地点(右側)に置いてクリック。』


こうすると、マウスの左ボタンを押したままマウスを移動しなくて済むので、容易に対象範囲を選択することが可能です。マウスの設定「クリックロック」を使う必要はありません。


ランキングに参加しています。

以下のバナーをクリックしていただくと、とても励みになります!

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ

[ 2018年01月14日 11:39 ] カテゴリ:misc. | TB(0) | CM(0)

ダイエット効果が高いエクササイズ

2018初エクササイズ」に書きましたが、まだ左肩に痛みがあるので本格的に泳げません。


ですから、エクササイズパターンを「水泳→ヨガ」から「水泳→ウォーキング→ヨガ」に変えています。


水泳はこれまでの2200メートルから、1500~1600メートル程度に泳ぐ距離を抑えています。内容も、ウォームアップとクールダウンをそれぞれ500メートル、その間でキックをトータル600メートルにして肩の負担を少なくしています。


その後、ランニングマシンで早足のウォーキング20分、そして最後にヨガを1時間20~30分行っています。


所要時間は全体で3時間くらいです。


エクササイズ前とエクササイズ後の体重の減少は、1.1kg~1.3kgです。体脂肪率は、10%台で安定しているようです。


「水泳→ウォーキング→ヨガ」パターンで行うエクササイズは3時間でも、効果が高いと実感しています。


ランキングに参加しています。

以下のバナーをクリックしていただくと、とても励みになります!

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ


見やすい「カテゴリーごとの記事一覧」もご参照ださい。

[ 2018年01月12日 09:34 ] カテゴリ:スポーツクラブばなし | TB(0) | CM(0)

2018初エクササイズ

今日は、今年初のスポーツクラブ日です。年末年始5日間のお休み開けでした。


明日からの仕事開始前に、なまった身体をリフレッシュする目的で来ている人も多いようです。


私は、いつものエクササイズパターンの「水泳とヨガ」ではなく、ランニングマシンでウォーキング(30分)から始めてヨガを120分行いました。


実は、昔痛めた左肩に少し痛みが出ているので、今日は泳ぎませんでした。「無理をせず長く続ける」ことを目標にしています。無理はしません。


エクササイズのパターンを変えてしばらく様子を見ようと思います。「水泳→ヨガ」から「水泳→ランニングマシン→ヨガ」にして、水泳の比率を減少させ肩への負担を少なくしてしてみるつもりです。


本日スポーツクラブで体重を測定したら、年末年始でエクササイズを休んだせいでしょう。約500グラム体重が増えていました。


ダイエットには水泳が効率がよいエクササイズなのですが、泳ぐ距離を少なめにし、その少なくした運動量をランニングマシンのウォーキングで稼ぐつもりです。


ランキングに参加しています。

以下のバナーをクリックしていただくと、とても励みになります!

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ


見やすい「カテゴリーごとの記事一覧」もご参照ださい。

[ 2018年01月03日 18:10 ] カテゴリ:スポーツクラブばなし | TB(0) | CM(0)