ワイヴァンアイエス研究所ブログ

ストレージシステムやITの技術動向やテクノロジーなどを紹介。その他、趣味的な話題もあります

持ち運びできるメールクライアントソフト(Sylpheed)

スマートフォンやタブレットを携帯していれば、外出していてもメールの送受信はできます。しかし、長い文章やビジネス上のメール作成では、普段のPCで使い慣れたメールソフトを使いたくなることがあります。


そのようなとき、普段使うメールクライアントソフトをUSBフラッシュドライブにいれて借りたPCで使えれば、いつものメール環境で仕事ができます。


「Sylpheed」はPCにインストールして、通常のメールクライアントソフトとしても使いやすく十分な機能を持つメールソフトです。また、USBフラッシュドライブにいれポータブル版として構成できますので持ち運んで使うこともできます。


今回は、マイクロソフト社の無料メール(outlook.com)アカウントを使った例です。できるだけ丁寧に説明しますので、長くなります。前提として、すでにoutlook.comにアカウントを作成済みの例です。

ダウンロード

Sylpheedダウンロードページから、2012.12.29現在の最新バージョン3.6の「zipアーカイブ版」をダウンロードします。


Sylpheed_download.gif

↑sylpheed-3.6-win32.zip、osdn.jp、sraoss.jpのいずれかのリンクをクリックすると、「sylpheed-3.6-win32.zip」のダウンロードが始まります。


ダウンロードが終了したら「sylpheed-3.6-win32.zip」を解凍しますが、解凍先をUSBフラッシュドライブにします(以下に続きます)。

解凍(展開)

Sylpheed_unzip.gif

↑「圧縮フォルダー ツール」タブを開き、「すべて展開」をクリック。


Sylpheed_unzip1.gif

↑「ファイルを下のフォルダーに展開する(F):」を、使用するUSBフラッシュドライブのドライブレターを指定します。ここでは、例として「F:\」にしています


Sylpheed_unzip2.gif

↑解凍が始まりますので、終了を待ちます。


Sylpheed_unzip3.gif

↑解凍先のUSBフラッシュドライブに「Sylpheed-3.6」フォルダーが生成されています。

準備

上記の通り、USBフラッシュドライブの直下に「Sylpheed-3.6」フォルダーが作成されます。フォルダー名は変更しても動作に問題はありません。以下では「Sylpheed-3.6」フォルダーのままにして説明します。


最初に忘れないでほしい重要な作業があります。


Sylpheed_rename.gif

↑「Sylpheed-3.6」フォルダーの中に「sample-sylpheed.ini」ファイルがありますので、そのファイル名を「sylpheed.ini」に変更してください。

Sylpheedの起動(実行)と初期設定

Sylpheed_exefile.gif

↑「sylpheed.exe」のダブルクリックで起動します。


Sylpheed_mailbox1.gif

↑「メールボックスの設定」の初期設定が起動します。USBフラッシュドライブ内にあるメールボックスが指定されていることを確認します。ここでの説明例「F:\Sylpheed-3.6\config\Mailboxes\Mail」のようにです。


Sylpheed_initial2.gif

↑「新規アカウントの作成」に移ります。アカウントタイプを選択できます。


Sylpheed_OutlookCom_setting.gif

↑Outlook.comを使うため「IMAP4」を選択します。続いて「進む(F)」をクリック。


Sylpheed_Outlook_setting2.gif

↑「表示名」と「メールアドレス」を入力します。続いて「進む(F)」をクリック。


Sylpheed_Outlook_setting3.gif

↑「ユーザID」「IMAP4サーバ」「SMTPサーバ」を入力。「ユーザID」は、メールアドレスを使います。IMAP4サーバには『imap-mail.outlook.com』、SMTPサーバには『smtp-mail.outlook.com』を指定。「SSLを使用」、「SMTP認証を使用」にチェック。その後「進む(F)」をクリック。


Sylpheed_Outlook_setting4.gif

↑入力した情報に基づいてアカウントが作成されます。サーバー情報やポート番号が表示されますが、SMTPポート情報が正しくないため、このままの設定ではアカウントは動作しませんが、「閉じる(C)」をクリック。


Sylpheed_OutlookCom_passw.gif

↑パスワードの入力が求められますが、まだアカウント設定が不完全なので、「キャンセル(C)」をクリック。


Sylpheed_Outlook_setting6.gif

↑「設定」タブのメニューから「現在のアカウントの設定(P)...」を選択。


outlookcom_config1.gif

↑「アカウントの設定」が起動。


outlookcom_config3.gif

↑「SSL」タブで、IMAP4の「IMAP4の接続にSSLを使用」、送信(SMTP)の「SSLセッションの開始にSTARTTLSコマンドを使用」のボタンをチェック。「非ブロッキングSSLを使用する」はチェック。「適用(A)」ボタンをクリック。


outlookcom_config4.gif

↑「高度な設定」タブ。SMTPポートを指定で「587」、IMAP4ポートを指定で「993」を設定。「OK」で閉じる。


Sylpheed_tree_reconst_menu.gif

↑「ファイル」タブのメニューから「メールボックス」、次に「フォルダーツリーを再構築(E)」を選択。


Sylpheed_tree_reconst.gif

↑「フォルダーツリーの再構築」のダイヤログ確認で「はい(Y)」をクリック。


Sylpheed_tree_reconst_passw.gif

↑メールアカウントのパスワードを入力。


Sylpheed_outlookcom_start.gif

↑3ペイン表示の使いやすいインターフェースのSylpheedメールクライアントでアカウントが開けます。

設定や注意

スレッド表示のオン/オフは、「表示(V)」タブにある「スレッド表示(R)」のチェックで切り替えができます。


USBフラッシュドライブで持ち運びする上で重要なことがあります。USBフラッシュドライブの紛失や盗難などに備えておくことです。


パスワード入力しないとアカウントが開かないようにしておき、不慮の事故に備えます。上記までの操作では、アカウントのパスワードは保存されていません。


念のための確認ですが、Sylpheedの「設定(C)」タブから「現在のアカウントの編集(P)」または「アカウントの編集(E)」に進むと、「アカウントの設定」ウインドウになります。


Sylpheed_nopassw.gif

↑「基本」タブに入ると右下に「パスワード」を入力する項目がありますが、空欄(何も入れない)にしておきます。


アカウントを開くたびにパスワード入力を求められますが、USBフラッシュドライブの紛失や盗難などを考えるとパスワードを保存しておかないことが重要です。


ランキングに参加しています。

以下のバナーをクリックしていただくと、とても励みになります!

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ


見やすい「カテゴリーごとの記事一覧」もご参照ださい。

[ 2017年12月29日 20:00 ] カテゴリ:Homebuild computer | TB(0) | CM(0)

体脂肪率7.1%?

ひさびさのスポーツクラブばなしです。


最寄り駅近くには、大型のスポーツクラブが3軒あります。その他、小規模のヨガスタジオやフィットネスジムなども集まっています。


そのため、どのスポーツクラブも会員集めに熱心です。先週、妻が友人からある(私が通っているのところとは別の)スポーツクラブの体験チケットを2枚をもらいましたので、スタンダードなヨガとホットヨガの2クラスを体験しにいきました。


マシントレーニングの部屋に、体組成測定機(TANITA製)がありましたので測定させていただきました。その結果ですが、タイトルに書いたように体脂肪率が「7.1%」とでました。


確かに太ってはいませんし、最近はほぼ毎回2200メートルを泳いでいます。その成果がでたのでしょう。


と、素直に納得すれば良いのですが・・・。測定機によって体脂肪率の測定値が異なるものでしょうか。


いつものスポーツクラブの測定機(記事「体組成計で測定」)では、11%という数値です。こちらの体組成測定機InBodyは少し高めの値になり、TANITAの方が低めになると想定してみます(勝手な推測です)。(11+7)÷2で「9%」。これが妥当な数値でしょうか?


体組織測定機にも癖があるんですかね。


ランキングに参加しています。

以下のバナーをクリックしていただくと、とても励みになります!

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ


見やすい「カテゴリーごとの記事一覧」もご参照ださい。

[ 2017年12月28日 20:48 ] カテゴリ:スポーツクラブばなし | TB(0) | CM(0)

BIOS起動画面が出ない

通常、PCの電源を入れると数秒後にBIOSが起動したことを知らせる画面が表示されます。ところがメインで使っているPCが、2日間で2回ほど数分たってもこの画面の表示がなく、真っ暗な画面のまま反応が無い状態になりました。


PCの電源を長押ししてオフにした後に再度電源をオンにすると、以下のような画面が表示されました。

BIOS_failure.png

テキストとして入れておきます(以下)。

BIOS has detected unsuccessful POST attempt(s). Possible causes include resent changes to BIOS Performance Options or recent hardware change. Press 'Y' to enter Setup or 'N' to cancel and attempt to boot with previous settings.

日本語にすると、以下になるでしょう。

BIOSがPOSTの不成功試行を検出しました。考えられる原因として、BIOS パフォーマンスオプションまたは最近のハードウェアへの変更があります。' Y ' を押してセットアップ、または ' N ' を入力してキャンセルし以前の設定で起動してみてください。


ハードウェアの障害が疑われます。特に電源周りですが、「PCの電源が入らない - Power Unit が壊れた」に書いた通り、電源ユニットは7月に交換したばかりです。そんなに早く壊れるとは思えません。


あとはCMOS用バッテリーの消耗が原因かも知れませんので、ボタン電池(CR2032)を入れ替えることにしました。


古い電池を外して新しい電池に交換するには、慎重な作業が必要です。無理をして基板や周りの部品を傷つけたら、もっと深刻な事態になります。電池を外してから時間をかけて新しい電池を入れることで、「CMOSクリア」にもなります。


この作業後は、上記の障害は発生していませんので、効果があったのでしょう。


ランキングに参加しています。

以下のバナーをクリックしていただくと、とても励みになります!

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ


見やすい「カテゴリーごとの記事一覧」もご参照ださい。

[ 2017年12月24日 21:40 ] カテゴリ:Homebuild computer | TB(0) | CM(0)

国産メーカーPC(付属/おまけソフトのダークサイド)

今回の内容は、過去の経験をもとにした感想です。


PCが不調になったと相談を受けることが少なからずあります。多いのが大手国産メーカーのWindows 7 PCのケースです(Windows 10にも共通します)。


その内容は、『動作が重い』、『クリックして画面がなかなか開かない』、『なんだか分からないウインドウが表示される』などです。


多くの場合、以下の原因が考えられます。


  • Windows Updateが溜まっていて、起動した時に複数個が実行される
  • PCに入っている付属/おまけソフトが悪さをする
  • デバイスドライバーが古くなっている
  • 不要なレジストリー項目がある
  • HDDにフラグメンテーションが起きている
  • マルウェアなどに感染

上記1番目のWindows Updateに起因する現象は、滅多にPCを起動しない(PCの使用頻度が低い)場合に起こります。しばらくぶりにPCを起動したとき、複数のWindows Updateが反映されるまで、動作がもたついたり、再起動が必要になったりします。すべてが正常に終了するまでパフォーマンスに影響があります。


2番目以降も厄介です。特に「付属/おまけソフト」が気になります。PC購入当初は大きな問題を起こさないのでよいのですが(起動時間への影響やメモリーの無駄な消費の観点から良くはない)、1年くらいたつと不調の原因となってくることがあります。1番目のWindows Updateの場合と異なり、そのままの状態にして様子を見ていても問題は解消しません。


付属/おまけソフトには、ユーザーが起動しなくても、PCの起動時に勝手に起動するソフト(やサービス)もあり、PCの起動時間とメモリー消費に影響を与えています。


PC購入後しばらくすると、付属/おまけソフトのお試しの期間が過ぎ、起動のたびに注意(購入)を促すメッセージ(ウィンドウがポップアップ)を表示することもあります。また、新しいバージョンがリリースされると更新することを求めるメッセージが表示されることもあります。


しかし、PCに慣れていないとよく意味が分からないので、表示を閉じてしまうか、そのまま放置していることがとても多いようです。


放置された付属/おまけソフトがパフォーマンスに影響を与えて異常に動作が重くなり、アンインストールするにもとても時間がかかることが少なくありません。


もし、多くの付属/おまけソフトがはいっているPCを購入して使っているのでしたら、付属/おまけソフトのメンテナンス(バージョンアップなど)に注意を払う必要があります。将来、パフォーマンス低下や障害発生を極力避けるためです。


できれば不要な「付属/おまけソフトをアンインストール」、新たにPCを購入されるなら「付属/おまけソフトの多さで選択しない」、をお勧めします。もちろん重要なMicrosoft Officeなどのソフト(アプリ)はアンインストールしてはいけません。


ランキングに参加しています。

以下のバナーをクリックしていただくと、とても励みになります!

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ


見やすい「カテゴリーごとの記事一覧」もご参照ださい。

[ 2017年12月22日 07:19 ] カテゴリ:misc. | TB(0) | CM(0)

イラストの作成や編集に便利なツール(カラー情報の取得)

イラストの作成や編集に重宝するツール(アプリ)です。デスクトップの任意の場所(ウィンドウ内も含む)の色情報(RGBやW3C)を取得できます。


Microsoft PowerPointやPaintでも色情報を取得するスポイト機能はありますが、スポイト機能はそのアプリ内でのみ有効です。例えばPaintで編集作業をしているとき、他のウインドウの色情報を調べたいと思っても、Paint外のウインドウ上にある色情報は取得できません。


特定のアプリに限定されずに、別のウインドウのなかに表示されている色を調べたいときに役に立つツール(アプリ)として、以下の3ソフトをご紹介します。


  • 色採り
  • Color Picker
  • すぽいと君

いずれも実行形式(ポータブル版)のため、インストールしなくて済みますので、導入に手間がかかりません。Windows 10 64ビット上でも機能します。


実行形式のプログラムのショートカットを、デスクトップやタスクバーに貼り付けて使うのが一般的なので、そのアイコンも選択肢として重要な要素です。各アイコンをみてみます。

各ツール(アプリ)のアイコン
Iro-Dori_Icon.gif 
Spoitokun_Icon.gif 
ColorPicker_Icon.gif 
色採り すぽいと君 Color Picker

スポイトのイラストを題材に使っていますね。続いて、アプリを起動したときのウインドウも見てみましょう。

各ツール(アプリ)を起動したウインドウ
Iro-dori_startup.gif
Spoitokun_startup.gif
ColorPicker_startup.gif
色採り すぽいと君 Color Picker

注:「すぽいと君」の色は起動した時点でのマウスポインター位置にある色が反映されます。

各ツール(アプリ)のダウンロード先

以下に各ダウンロード先を記述しますので、適切なフォルダーに保存してください。


  • 色採り:Vectorサイトの以下のURLから、ver 1.31がzip形式で入手可。

http://www.vector.co.jp/download/file/win95/art/fh691801.html

  • すぽいと君:Vectorサイトの以下のURLから、ver 1.107がzip形式で入手可。

http://www.vector.co.jp/download/file/win95/net/fh651835.html

  • Color Picker:Vectorサイトの以下のURLから、ver 4.0がzip形式で入手可。

http://www.vector.co.jp/download/file/win95/art/fh596988.html

使い方

保存したzipファイルを解凍してください。解凍したフォルダーの中に実行形式のexeファイルがあります。それをダブルクリックすると、上で紹介したウインドウが起動して、色情報を取得する機能が開始します。


各ツール(アプリ)実行ファイル名
IRO-DORI.exe spoitkun.exe ColorPicker.exe
色採り すぽいと君 Color Picker

基本的な使い方ですが、「すぽいと君」と「Color Picker」はマウスポインタを色情報を取得したい箇所に当てると色情報が表示されます。「色彩り」は起動したウィンドウ内の左にある小窓をクリックしてドラッグしながらポインターを目的の箇所に移動すると色情報が得られます。


そのほか、ツールによっては取得した色情報をクリップボードに文字列としてコピーする機能などもあります。


もっと詳しい使い方は、以下のURL先で学べます。

色採り:

https://freesoft-100.com/review/irodori.html

すぽいと君:

https://freesoft-100.com/review/spoitkun.php

Color Picker:

https://freesoft-100.com/review/color-picker-winsystem.php


ランキングに参加しています。

以下のバナーをクリックしていただくと、とても励みになります!

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ


見やすい「カテゴリーごとの記事一覧」もご参照ださい。

[ 2017年12月17日 07:15 ] カテゴリ:Homebuild computer | TB(0) | CM(0)

メールクライアント(Mailspring)

普段は、Becky! Ver.2を使っています。


最近、「メールサーバーへの接続に失敗しました」が起こるようになりましたので、気分を変えてみたくなり、新しいメールクライアントソフトをインストールしてみました。


インストールしたのは海外製ソフトの「Mailspring」です。 メニューは英語ですが日本語メールの送受信が可能です。複数アカウントにも対応しています。


フリー版とプロ版がありますが、フリー版を使ってみました。

ダウンロード

製造元のサイト(https://getmailspring.com/)からダウンロードします。


MailspringSite.gif

↑「Download Mailspring Free」をクリックします。


MailspringDownload.gif

↑Windows、Mac、そしてLinux版の3種類のソフトが用意されいて、アクセスすると自動的に使っているシステムを判断して、対応する種類をダウンロードしてくれるポップアップウインドウが表示されます。


ここでは、Windows版の紹介となりますので、「ファイルを保存」をクリックすると、設定したフォルダーにソフトのインストーラー(MailsprintSetup.exe)が保存されます。


以下では、通常の「ダウンロード」フォルダーに保存した例で説明を進めます。

インストール

MailspringDownload2.gif

↑「ダウンロード」フォルダーに保存した「MailspringSetup.exe」をダブルクリックします。


Mailspring1.gif

↑下部にある「Get Started」をクリックします。


Mailspring2.gif

↑黒枠の円が3カ所あり、クリックするとそれぞれの説明が右側に表示されます。3カ所のすべてをクリックすると、右下の「Next」が「Get Started」に変わります。


Mailspring3.gif

↑「Get Started」をクリックします。


Mailspring4.gif

↑ここでMailspring IDを作成して登録します。First Name(名)、Last Name(姓)、Email(メールアドレス)、Password(パスワード)を入力して「Create your Mailspring ID」をクリックするとMailspring IDが作成されて登録されます。

メールアカウントの作成

複数アカウントが作成できますが、最初にひとつのアカウント作成すことから始まります。


Mailspring5.gif

↑メールアカウントの設定です。このメールアカウントの追加は後からでもメニューから行うことができます。例としてYahooメールを追加する画面です。


MailspringYahoo.gif

↑各項目に入力した後、「Connect Account」をクリックします。


Mailspring6.gif

↑メールアカウントが設定されたあとにMailspringの設定が起動します。


Mailspring7.gif

↑表示レイアウトをシングルパネルかツーパネルのいずれかを選択します。私は「Reading Pane On」にしました。「Looks Good!」をクリックすれば基本的な設定は終了です。

基本的な使い方

MailspringMain.gif

↑通常使うメインの画面です。左側にフォルダー、中央にメール一覧、右側にメール本文が表示されます。(なお、ここでは右上にある「sidebar」アイコンをクリックして非表示にしています。この機能はfree版では使えません)


MailspringReply.gif

↑メール返信は、一覧にあるメールを右クリックして、メニューの「Reply」をクリックすると、新規メールと同様の作成画面(下記)が表示されます。または、右ペインにあるメール本文の最後の下部に「Write a reply...」がありますので、そこをクリックしても、返信メールの作成ができます。


MailspringNewMessage1.gif

↑左上の「Compose new message」をクリックすると、新規メール作成画面が表示されます。


MailspringNewMessage2.gif

↑新規メール作成画面です。右下のクリップアイコンを使えばファイルの添付ができます。


MailspringAddAccount.gif

↑右上の3本バーのアイコンをクリックすると、メニューが表示されます。「Add Account...」をクリックすると、メールアカウントの追加ができます。


MailspringPreferences.gif

↑同様にメイン画面にある3本バーのアイコンをクリックしてメニューの「Preferences」をクリックすると、各種設定の画面になります。「Signatures」タブでは署名の編集ができます。「General」タブ内にある「Launch on system start」項目にチェックが入っていると、Windows起動時に“Mailspring”が起動します。


使ってみた感想ですが、全体的にデザインがきれいだと思います。動作は軽快です。メールの一覧はスレッド表示となります。非スレッド表示への変更(スレッド表示のオン・オフ)設定は見つかりませんでした。アドレスブック機能も見つかりませんでした。宛先に文字を入れると過去のコンタクト履歴から候補のメールアドレスは表示されます。



ランキングに参加しています。

以下のバナーをクリックしていただくと、とても励みになります!

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ


見やすい「カテゴリーごとの記事一覧」もご参照ださい。

[ 2017年12月09日 01:03 ] カテゴリ:Homebuild computer | TB(0) | CM(0)