ワイヴァンアイエス研究所ブログ

ストレージシステムやITの技術動向やテクノロジーなどを紹介。その他、趣味的な話題もあります

LTO-8 販売開始

LTO Ultrium Generation 8(省略形は、LTO 8 または LTO-8)テープドライブが先週の10月10日(米国日時)に販売開始されました。名称から分かるように、LTO第8世代のテープストレージです。
参考:IBM社のプレスリリース(リリース文にリンク)
 IBM TS4500 Tape Library supports LTO Ultrium 8 tape drive technology
同様のプレスリリースが、あと2件ありますがタイトルのみあげておきます。IBM TS3310 Tape Library with LTO Ultrium 8 drives deliver increase(Announce No. 117-081)とIBM TS3500 Tape Library supports LTO Ultrium 8 tape drive technology capacity and performance for MES or upgrade only(Announce No. 117-077)です。
第1世代の LTO Ultrium Generation 1(LTO 1 または LTO-1)が販売開始されたのは2000年です。そのときの主要仕様は、非圧縮時最大容量が「100GB」、非圧縮時最大転送速度は「15MB/秒」でした。LTOは、開発が17年も続いている希有なシリーズ製品です。
上記のプレスリリースはIBMテープライブラリーに関するニュースですが、その中からLTO 8テープドライブ(Full Height)の主仕様のみを抜粋してみます。
  • 非圧縮時最大転送速度:360MB/秒(圧縮時最大転送速度:900MB/秒)
  • 非圧縮時最大容量:12TB/カートリッジ(圧縮時最大容量:60TB/カートリッジ)
360MB/秒という転送速度が「速いか遅いか?」ですが、比較のためハードディスクドライブのサステインデータ転送速度の値をみてみましょう。
エンタープライズ仕様15000回転/秒の製品で、内部にある円盤の一番高速になる最外周ゾーンの転送速度は約300MB/秒です。ハードディスクドライブでは記録方式上、円盤の内周に行くに従って転送速度は低くなります。その最内周ゾーンでは、最大値の約半分程度になります。
一方LTOテープドライブでは、データの圧縮機能が備えられています。それが有効に働く場合、最大2.5倍の性能となりますので、900MB/秒という速度に達します。
テープという媒体の構造上、シーケンシャルアクセスになりますが、テープドライブは、映像、音声や画像といった大容量データの蓄積には、ハードディスクドライブや光Discよりも向いています。
下のグラフは「LTO 8」の情報がまだ反映されていませんが、転送速度を比較したJEITAのグラフです。
SustainedTransferRate.png
現在のテープドライブが十分高速なことがおわかりいただけると思います。「テープ」というとイメージされる昔のカセットテープとは全く異なるのです。高速、大容量、そして高信頼性の特徴を生かして現在でも企業のITシステムでは使用されています。

実際のテープの使用例は?

Googleにおいて、Gmailの復旧にも活躍したことはよく知られています。ネットで検索すると下記以外にも記事がヒットします。テープはハイテク企業を陰で支えていますし私たちもその恩恵を受けています。
この記事の最初の方で紹介したPress Releaseに出てきた「Tape Library」(テープライブラリー)ですが、Google等の企業では、テープライブラリーという製品でテープが使われていることが多いのです。
テープライブラリーは内部にテープドライブを複数台搭載し、製品の種類によりますがテープカートリッジ数十巻から数万巻を棚に収納しています。単独または複数のロボットハンドがカートリッジをテープドライブへ入れたり、逆にドライブから取りだしたカートリッジを棚に戻すなどの搬送作業を行います。
装置の大きさは、ラックに搭載できる製品から、それこそ小さな部屋に相当する大きさの大型製品もあります。下の動画を再生させると約9秒後に大型テープライブラリーの内部の様子が映し出されます(その箇所から約60秒の動画を再生します)。
↑ 両側にテープカートリッジを収納する棚が並んでいて、その間を複数のロボットハンドが動き回る様子が分かります。この装置では奥に数十台テープドライブが搭載されているのですが、この動画では隠れていて見えません。
Google Data Centerのストリートビューが公開されています。下の動画の約28秒後に少しテープライブラリーの場面が出てきます(その箇所のみ再生します)。↓
(最初からすべてを再生したいときは、 "こちら"をクリックしてください)
素粒子物理学の研究所として有名なCERN(欧州原子核研究機構)でも使われています。こちらはバックアップというより、データ蓄積ストレージの一部(アーカイブ)としての使われ方をしているようです。ハードディスクだけでは膨大な実験データを格納するにはコスト的に無駄がでるのでしょう。約3分後にテープライブラリーが紹介されています(その箇所のみ再生します)。↓
(最初からすべてを再生したいときは、 "こちら"をクリックしてください)

テープはこれからも使われるの? 将来性は?

テープ、というとその使い道はデータの「バックアップ」と考えられることが多いようです。もちろんそれは間違ってはいないのですが、それだけではありません。データの「アーカイブ」(長期保存)用途に使われていますし、その用途での利用拡大が見込まれます。
現在の蓄積されるデータですが、これまでとはデータの特性が異なり種類も多くなっています。
SNSの発達とその利用ユーザーの拡大によって、動画、写真、音楽、音声などのデータが大量に生成されています。そして以前よりも高画質や高音質のデータになっています。また、IoE(Internet of Everything)のようにセンサーが自動的に収集するデータなども増えています。種類の増加とともに一つ一つのデータ量も大きくなってきています。
これらの蓄積されるデータをアクセス面からみると、すぐは使わないが将来的な利用のために残しておきたい、作成後数十日以後はほとんど参照しなくなる、編集は行わないが蓄積するだけ、といった特性を持つデータが大半を占めることになります(全データ量の80%以上を占めるという説もあります)。
いわゆる「コールド状態」にある大量のデータを効率よく蓄積保存するストレージが、今後のデータ駆動型社会を支える上で重要になってきます。
データのアクセス特性
コールド領域にあるデータ特性(Long Term Archive)に、「省エネ」「高速」「大容量」「長寿命」「高信頼性」「安全性」というテープストレージの特徴が適しているようです。
テープストレージは通常のIT基盤構築以外でも、放送や映像業界のデジタルアーカイブに利用されています。デジタルアーカイブ分野で先行しているのは欧米ですが、日本でも構築が進んでいます。テープライブラリーが活躍している米国と日本の事例があります。
2014年に「LTO 8」までだったロードマップが「LTO 10」まで拡張されたのですが、2017年の今月になって「LTO 12」まで再び拡張されました(ロードマップのリンク:LTO ULTRIUM ROADMAP)。
LTOのロードマップは「LTOコンソーシアム」という業界団体から発表されていますので、確実性が高いと思います。ロードマップ拡張の背景には、市場におけるテープストレージ製品出荷の順調な増加の実績と新たな利用分野の拡大が見込まれるのでしょう。

ランキングに参加しています。
以下のバナーをクリックしていただくと、とても励みになります!
にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
[ 2017年10月22日 01:32 ] カテゴリ:ストレージシステム | TB(0) | CM(0)

クリップボード拡張ツール

レポートやプレゼンテーション資料作成などの文書作成では、よく使う単語、センテンス、URLなどを繰り返して使うことがあります。しかし、そのたびにいちいちキーボードから再入力するとなるととても面倒ですし、間違うことがあったりして非効率です。

なので普通はコピーペースト(ショートカットの「Ctrl+C」と「Ctrl+V」などの組み合わせ)操作をしてキーボードからの再入力の手間を省きます。

この選択項目コピーで保持されるのは通常1つのみとなります。でも作業をしていると、複数の内容を保存できて個別にコピーできると便利なのに、と思うことが多くあります。

それを行えるのが「クリップボード拡張」とか「クリップボード履歴」などと呼ばれるツール(ソフト)です。クリップボードに履歴を蓄積して再利用するという機能で、蓄積した履歴から検索する機能や定型文も保持できる機能がついているものもあります。

クリップボード拡張ソフト/ツール

かなりのソフトが作られています。インストールが必要なものと不要なものがあります。インストールが不要なものが、ダウンロードしたら解凍するだけで使えますので私は便利だと思っています。

気軽に試せますので、気に入った(自分の感性に合った)ツールを探してみることができます。使わなければ、アンインストール操作は不要でフォルダーごと削除すれば良いのです。

自分の環境(Windows 10 pro 64bit)で試せたのは「Clibor」、「CLISM」、「Clip.net」、「CLCL」、「eClip」、「Clipboad History」です。このほかにも多数開発されていますが、すでに開発が終了してバージョンアップがされてないものもあります。

この分野で有名なのは、多機能な「Clibor」です。そのサイトに詳しい使い方が説明されていますし、他のサイトでも多数取り上げられています。バージョンアップも続いていて、ユーザーも多いのが強みです。もちろんWindows 10にも対応しています。

金魚鉢」も知られていますが、私が使っているWindows 10 pro 64bitとWindows 8.1 pro 64bitの環境では、その全機能を使うことができませんでした(定型文、ウインドウ呼び出しのショートカットが機能しない)。

各ツールのダウンロードサイト

それぞれのダウンロード先の情報は、以下となります。順番に意味はありません。ランダムに並べてあるだけです。リンクが埋め込んでありますのでクリックしてください。

・ Clibor:Vector または 窓の杜 の該当ソフトのダウンロードページ
・ CLISM:Vector または freesoft100 の該当ソフトのダウンロードページ
・ Clip.net:普通のあぷろだ の「Clip.netダウンロード」
・ CLCL:nakka.comのCLCL の「ダウンロード」からzipファイルを選択
・ eClip:制作者サイト の「eClip 0.18d」にあるダウンロードから
・ Clipboard History:Vector の該当ソフトのダウンロードページ

起動と設定

ダウンロードするとzip形式で入手できます。適当なフォルダーに解凍するだけです。実行時に履歴データを出力するので、管理者特権が必要なフォルダーの中に入れて使うのは避けた方が良いと思います。注意するのはそれくらいです。

解凍したフォルダー内に「readme.txt」など「xxxxxxx.txt」形式のテキストファイルがあります。そこには使い方の説明が書いてありますので、内容を把握してください。実行形式の「xxxxxxx.exe」がありますので、それをクリックするとツール(ソフト)が起動します。

CLISMには、CLISM.EXEとCLISM64.EXEの2つがありますが、ご自分のWindowsが32ビットバージョンならCLISM.EXEを、62ビットバージョンならCLISM64.EXEを使うことになります。

「eClip」と「Clip.net」では、一手間かけると蓄積した履歴を検索する機能が追加されます。「Clibor」と「Clipboard History」には、最初からその機能が入っています。数多くの履歴項目を蓄積して使うなら検索機能があった方が便利でしょう。履歴蓄積数が5個とか10個くらいなら検索機能は無くても不便は感じません。

これからクリスマスカードや年賀状の作成を含めて文書を書く機会があるようでしたら、その前にお気に入りのツールを見つけて使い込んでいくと文書作成の効率がアップするでしょう。


ランキングに参加しています。
以下のバナーをクリックしていただくと、とても励みになります!
にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
[ 2017年10月16日 21:15 ] カテゴリ:Homebuild computer | TB(0) | CM(0)

ゲストマシンのメモリトラブルがホストマシンまで影響(Page Fault)

過去に、VMware Workstation 12 Playerを使っていて遭遇したトラブル「PCを新しくした話(その3)」とその対策を「VMware Workstation Playerに戻した」として別々の記事として掲載していましたが、わかりやすいように一つにまとめておくことにしました。

環境
  • 仮想化ソフト
    VMware Workstation 12 Player
  • ゲストマシン
    OS: Windows 7 pro 64bit
    メモリサイズ: 2GB
  • ホストマシン
    OS: Windows 10 pro 64bit
    メモリサイズ: 32GB

症状(障害)
ゲストマシン(Windows 7 pro 64bit)を起動後、しばらくたつとホストマシン(Windows 10 pro 64bit)で「Page Fault in No Paged Area」というブルースクリーンのエラーが発生 (ゲストマシンのメモリトラブルがホストマシンまで影響)

状態の監視(タスクマネージャーとリソースモニターでメモリの状況を監視)
  • ゲストマシン上
  • コミット済み(コミットチャージ)と使用物理メモリーの割合は両方とも100%近くに達していた。ゲストマシンでメモリーを多く消費しているのは、Windows Updateサービスに関連するsvchost(netsvcs)というプロセス 。
  • ホストマシン上
  • コミット済み(コミットチャージ)が物理メモリーと仮想メモリーの合計値にじわじわと近づき、最終的にコミットチャージが100%に達する。 このとき、使用物理容量の使用割合は1/4以下。 メモリーのコミット済みの量は増えるのに物理メモリー使用量が連動して増えない。

対策
1. オフラインでWindows更新プログラムを適用
  • ゲストマシンでsvchost.exe(netsvcs)の負荷が高いことから、Windows Updateの負荷を抑えたい。 そのため、あらかじめ重要な更新プログラムをダウンロードしておきゲストマシンで実行(今回は、KB4015546とKB4014661)。
  • 2. ゲストマシンのセキュリティソフト変更
    • Microsoft Security Essentialsをやめて、COMODO Internet Securityに変更。
    3. 仮想プリンタを無効化
    • VMware Workstation Playerの環境設定で、「仮想プリンタを有効にする」のチェックを外す。
    4. NICを増設してdual ports化
    • dural portsにするため、以前、外しておいたNICをPCIeに増設(今回の障害に関連しないと思うが、後でdual ports構成を利用予定)。

対策の結果
上記4項目を実施後、ゲストマシン(Windows 7 pro)を起動して確認しました。 ゲストマシンのメモリが過大使用されて、ホストマシン(Windows 10 pro)上でコミットチャージが100%に迫り「Page Fault In No Paged Area」のブルースクリーンのエラーを発生するという障害(症状)は再現しなくなりました。

上記の対策項目をひとつずつ行うともっと原因追及ができたかも知れませんが、時間的な余裕がありませんでした。

ゲストマシン(OS)上のメモリトラブルがゲストマシン内だけに収まらずに、ホストマシン(OS)まで派生するのは意外でした。 Windowsのメモリ管理の問題なのか、VMware Workstationのメモリ管理の問題なのか分かりません。

4項めのNIC増設は、障害対応には無関係だと思います(ついでなので増設しただけ)。


ランキングに参加しています。
以下のバナーをクリックしていただくと、とても励みになります!
にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
[ 2017年10月09日 16:03 ] カテゴリ:仮想マシン | TB(0) | CM(0)

フォント追加で楽しい文書を!

仕事柄、プレゼンテーション資料の作成、レポートの作成、展示会用パネルの作成などを行うことがあります。

レポートではあまり書体(フォント)に凝ることはありませんが、プレゼンテーションやをパネルを作成していると、Windows標準のフォントではもの足らない場合があります。

そんなとき、結構使えるフリーフォントが各サイトからダウンロードで入手できますので、それらのフォントを使ってプレゼンテーションやパネルにインパクトや特徴をだすことができます。

これから印刷物のクリスマスカードや年賀状の季節になりますので、ありきたりのフォントではなく、ちょっと変わったフォントを使って作成すると、目を引くかも知れませんね?

フリーで使えるフォントは、いろいろなサイトで紹介されています。例えば、「FONT FREE」や「ペライチ」などです。

気に入ったフォントが見つかったら、ダウンロードします。ダウンロードしたフォントは圧縮(zip形式)されているのが普通ですから、解凍してからインストールすることになります。

以下の説明では、お堅い内容の仕事向きではありませんが、お店のチラシやポップに使える「たぬき油性マジック」というフォントを例にします(PCはWindows 10 64bit)。

このフォントは、「普通紙に油性極太マジックで書いた手書き文字から作成した無料日本語フォント」ということですから、手書きのような雰囲気を出せます。

↓↓下がそのフォント見本です(本家サイトにあるスクリーショット)。

フォントのダウンロード
url「http://tanukifont.com/tanuki-permanent-marker/」のページにあるダウンロードの箇所から「フォントをダウンロード」のリンクをクリックしてご自分のPCに保存します。そのリンクの箇所は、少しわかりにくいので下の画面キャプチャを参考にしてください。↓↓

2017.10.05時点、「TanukiMagic_1_20.zip」という圧縮されたフォントデータが入手できます。これを解凍してからインストールします。

フォントの解凍
PCのある箇所に「fonts」というフォルダを作り、そこに「TanukiMagic_1_20.zip」を保存した例で説明します。

↑↑圧縮データの「TanukiMagic_1_20.zip」をダブルクリックするとブラウザが下のように変わります。
↑↑「すべて展開」をクリックします。
↑↑別のウインドウが開いて、フォントを展開する「TanukiMagic_1_20」というフォルダが作られることが分かります。別の場所にするのであれば、「参照(R)...」をクリックしてフォントを展開する新たな場所を設定します。そのままで良ければ、「展開(E)」をクリックします。
↑↑この例では、「TanukiMagic_1_20」の下にもう一つ「TanukiMagic_1_20」フォルダーが作られ、この中に目的のフォントファイルが見つかります。画面の「TanukiMagic_1_20」を開きます。

フォントのインストール

↑↑「TanukiMagic_1_20」を開き、目的のフォントファイル「TanukiMagic.tff」をダブルクリックします。
↑↑「インストール(I)」をクリックすれば、フォントをインストールできます。

フォントの確認
「たぬき油性マジック」フォントが使えることをWordを使って確認してみます。

↑↑左上のフォントを選択するドロップダウンメニューを開くと、「たぬき油性マジック」フォントが確認できますので、それを選択します。
↑↑文字を入力してみます。「たぬき油性マジック」フォントが使えますね!!

フォントの削除
もし、フォントが不要だったら(になったら)インストールしたフォントを削除できます。
↑↑コントロールパネル ⇒ デスクトップのカスタマイズ ⇒ フォント、と辿ります。「たぬき油性マジック標準」を選択して、「削除」をクリックします。

他にも、気に入ったフォントが見つかれば、今回と同様な方法でインストールすることができますのでお楽しみください。



ランキングに参加しています。
以下のバナーをクリックしていただくと、とても励みになります!
にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
[ 2017年10月06日 09:45 ] カテゴリ:Homebuild computer | TB(0) | CM(0)

メモリーを簡単にテストできるツール

PCのメモリーをテストするときは、MemTest86というツール(プログラム)を使います。PC自作者にはよく使われるツールです。でも、BIOSまたはUEFIの設定などが必要なので、PCの初心者にはハードルが高い操作が求められます。

TechPowerUpの「MemTest64」というMemTest86よりも操作がとても簡単なツール(プログラム)がありますので、ご紹介いたします。

ダウンロード
「MemTest64」は以下のサイトからダウンロードできます。
https://www.techpowerup.com/memtest64/

 MemTest64_DL_markup.png
↑↑その仕様を見ると「Runs on Windows XP, Vista, Windows 7, Windows 8, Windows 10. 64-bit OS only」となっていますので、Windowsで通常のアプリのように実行できるのです。ただし、64ビット版のみとなります。

また「No installation or registry modifications required」、つまりインストールの必要がない実行形式で提供されているのも、うれしいです。滅多に使わないソフト(アプリ、プログラム)はなるべくインストールしたくありません。

このソフトをダウンロードするには、上記(画面キャプチャー参照)「Download MemTest64」ボタンをクリックすると、以下のページに移ります。
 MemTest64_DL2_markup.png
↑↑右側に「MemTest64」のスクリーンショットが表示されますが、左側にある「Download」ボタンをクリックして、5つのサーバーのどこからダウンロードするかを決めます。↓↓
 MemTest64_DL3.png
↑↑サーバーの負荷が低いものを選んだほうがよいですね。「Server load: 0%」の「旗」を選んでクリックすると、ようやくダウンロードが始まりますので、保存する場所を決めます。今回は、デスクトップに保存しました。

テスト実行(プログラムの起動)

 MemTest64_icon3.png
↑↑アイコンをダブルクリックすれば、「MemTest64」は起動します。その前に「電源オプション」で「コンピュータをスリープ状態にする」を「適用しない」にして始めました。(注意!テストを始めると、終了するまで他の作業はできなくなります。)

 MemTest64_start.png
↑↑テストの実行は「Begin Test」ボタンをクリックするだけです。(テストは、VMware Workstation Player 14上のメモリーサイズ4GBの仮想Windows 8.1で実行しました)

 MemTest64_start3.png
↑↑開始してまもなく、 「Other apps are being paged out to disk...」が表示されます。「MemTest64以外のアプリ実行は(ディスクに)ページアウトされてます。」、つまりPCにページファイル(仮想メモリ)が適切な値に設定されていないと正常に動作しないようです。多分、メーカー製のPCを購入して何もいじってなければページファイルは適切に設定されていると思います。
続いて「Your system might appear hung. It is not.」メッセージが表示されます。「ハングしているように見えるけど、してません。」ということです。MemTest64以外は動作が止まったようになります。延々とステップを繰り返します。

 MemTest64_start4.png
↑↑48分経過した状態です。エラーは発生していませんが、テストが終了する気配はありません。「Stop Test」ボタンがありますので、これをクリックしてテスト終了させました。

 MemTest64_start5.png
↑↑ここまででループを46回繰り返していました。左上あたりの「Stop after xx loops」項目で【ループ数】を設定したり、「Stop after xx hours」項目で【時間】を設定すれば、その制限内でテストを実施して終了します。エラーを検出したらテストを終了したければ、「Stop on Error」項目をチェックすればよいでしょう。

もし、PCにメモリーを増設した場合や、メモリーに原因がありそうな(障害)症状がでたら、このツールでメモリーを試してみるとよいですね。


ランキングに参加しています。
以下のバナーをクリックしていただくと、とても励みになります!
にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
[ 2017年10月02日 08:30 ] カテゴリ:Homebuild computer | TB(0) | CM(0)