ワイヴァンアイエス研究所ブログ

ストレージシステムやITの技術動向やテクノロジーなどを紹介。その他、趣味的な話題もあります

トラックボールの故障を修理

かなり昔からですが、マウスではなくトラックボールのユーザーです。

そのトラックボールですが、左クリックの感度が鈍くなったというか、ドラッグしても途中で効かない(解除される)という症状がおきました。

主に使っているのは、Kensington Orbit Trackball という製品です(LOGICOOLトラックマントラックボールマーブルもときどき使っています)。  どちらも形状が左右対称なので、右手でも左手でも使えるところが気に入っています。

上記の症状の話に戻りますが、このような状況になると作業の効率が落ちてしまいます。 

トラックボールのデバイスドライバーを再インストールしても症状は改善しません。トラックボールのハードウェア的な障害(故障)だと思います。

クリックボタンに反応する「マイクロスイッチ」に問題があるのでしょう。「あきらめません やってみるまでは」。早速分解します。

【1】当然のことですがトラックボールをPCから外します。

【2】裏にある4つのネジと隠れた1つのネジを外します(赤い矢印の箇所)。
  trackball1a.png 
  (5つめは、ゴムパッドの下に隠れています)
 スクリュードライバー(ネジ回し)は、手持ちの星型の「T6x40mm」がぴったりでした。

【3】上部のカバーを外します。
 マイクロスイッチ(赤い矢印の箇所)が現れてきます。
  trackball3a.png 
 ここに接点復活剤などをスプレーするのですが、ノズルを使うとともにマイクロスイッチ以外の周辺に極力かからないようにします(上部の円筒状の突起周辺の隙間にはいるようにする)。私は、ティッシュペーパーを畳んで角になった箇所をはさみでカットし、その穴からマイクロスイッチの頭が出るようにしました(その写真はありません、済みません)。
  trackball2a.png 

【作業の結果】
 上部のケースカバーを戻し、しばらく時間(2~3時間)をおいてからPCに接続して動作させてみました。無事クリックの不良はなくなりました。修理完了です。

マウスに同様な症状が起きたときにも応用可能かも知れません。ただし、この作業を試される場合は、自己責任でお願いします。


ランキングに参加しています。
↓ 以下のバナーをクリックしていただくと、とても励みになります!
にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ

[ 2017年08月31日 17:20 ] カテゴリ:Homebuild computer | TB(0) | CM(0)

世界をリードする「日本発」の技術

あまりなじみがないと思いますが、「テープストレージ」の開発は続いています。意外、と思われるかも知れません。

この分野では、日本メーカーが世界をリードしています。

ソニーの最近(2017.08.02)のニュースリリース。

富士フイルムの2年間前(2015.04.09)のニュースリリース。

上記のニュースリリースでは、磁気テープの面記録密度を従来よりも大幅に向上させる技術が紹介されています。

一時期テープストレージは、その将来性が危ぶまれていましたが、現在では大量のデータを長期保管する「アーカイブ」用途としてその優れた特長が見直され復権を果たしています。低価格、低消費電力、高速転送速度、高信頼性、安全性などが特長です。

価格については、2004年と2015年におけるディスクアレイとテープライブラリーの容量あたりの価格(MSRPベース)を調査比較したことがあります。そのときの結果を下表に示します。
容量単価比較
■ 2004年:テープはディスクのおよそ「1/3 ~ 1/7
■ 2015年:テープはディスクのおよそ「1/2 ~ 1/8
(テープライブラリーに搭載するテープドライブ台数によって変化)

容量あたりの価格比率は、2回の調査でほぼ変化がありません。テープストレージの優位性は続いています。HDDだけではなくTapeも技術が進歩しています。
(詳しい比較は「ディスクアレイとLTO7テープストレージの容量単価比較」をご参照ください)

テープストレージ(メディア)には、「日本発」の極めて高い技術が使われています。日本メーカーが先端技術を駆使した研究開発を進めており、製造にもその技術が生かされています。

テープストレージは日本メーカーが主導権を発揮している数少ないIT製品なので応援しています。


ランキングに参加しています。
↓ 以下のバナーをクリックしていただくと、とても励みになります!
にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
[ 2017年08月25日 16:24 ] カテゴリ:ストレージシステム | TB(0) | CM(0)

サイロ

一見ITとは無関係に思える「サイロ」の話です。

サイロ(silo):
穀物や飼料用生草類を貯蔵する倉庫や容器等のこと。または弾道ミサイルの地下格納庫のこともある。周囲から隔絶されて出入口が限られた格納施設のため、英語では「窓がなく周囲が見えない」という意味がある。

一般的には、牧場の風景として、塔のようなかたちをした建物(タワー型)を真っ先にイメージされるかも知れません(実際はタワー型のサイロは現在ほどんど使われてないらしい)。

農業や酪農、または某国についての記事でもありません。

ITの世界では、「サイロ」は好ましくない状態の一つとして使われます。例えば「サイロ化したシステム」や「サイロ型システム」のようにです。

情報システムにおいて、業務プロセス、アプリケーション、サービスやデータなどが使用目的や部門ごとに連携がなく孤立していることを示します。

かつて情報システムにオープン化が到来した時期、比較的短期間で多くの情報システムを構築しなければならない状況では、全体の整合性をとるよりも部門や使用目的ごとに早くつくることが優先されました。

その結果、データ形式に汎用性がなかったり、外部との連係がとれない情報システムがあちらこちらに点在することになってしまったのです。まさに「周囲が見えない」状態のシステムがです。

現在では、業務の統合を進めたり1社内に閉じていたIT活用の範囲をグループ企業やサプライチェーンマネージメント全体に広げて効率化をはかり、競争力を高めることが求められています。

そのため、あらゆる企業で「サイロ化」したシステムから脱却する取り組みが始まりそして続けられています。

以前 DXって? で紹介した「クラウド、Software-defined、ハイパーコンバージドシステム」は、そのためのテクノロジーとして取り上げられています。


PS. 「サイロ」は、組織構造でも使われます。縦割り構造で各業務部門の活動が連動を欠いた状態を「サイロ型業務」といいます。


ランキングに参加しています。
↓ 以下のバナーをクリックしていただくと、とても励みになります!
にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
[ 2017年08月24日 07:30 ] カテゴリ:ITインフラ | TB(0) | CM(0)

筋トレはやりません

スポーツクラブのプールで泳いでいると、「筋トレやって(鍛えて)るんですか」とよく聞かれます。

ほとんどやりません。前の スポーツクラブでのエクササイズパターン 記事で、たまに胸筋と広背筋のマシンの筋トレをやることを書きましたが、本当に「たまに」です。数ヶ月に数回程度です。

大会出場などが目的なら筋トレも取り入れますが、今は健康目的に泳いでいるだけなので筋トレは積極的にやる気になりません。

「泳ぎに必要な筋肉は泳ぎでつける」ようにしています。

できるだけ柔らかい筋肉にしたいので、筋トレよりもヨガに時間をかけています。

ほとんど毎日ストレッチマットでヨガを1時間以上やっていますが、あるとき「リハビリですか?」と聞かれました。プールで泳いでいることを知らない方からでした。

筋トレをやらずにストレッチ的なことをやっているところしか見えませんので、怪我や病気などの「リハビリ」にスポーツクラブに来ていると思われたようです。



ランキングに参加しています。
↓ 以下のバナーをクリックしていただくと、とても励みになります!
にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ

[ 2017年08月19日 18:32 ] カテゴリ:スポーツクラブばなし | TB(0) | CM(0)

CCleaner(最新バージョン入手先)情報のアップデート

昨日(2017.08.18)時点で調べたところ、cnet downloadサイトに最新バージョンがアップされていました。

CCleanerSkipUAC のトピックの最後で、「そのうち、cnetのdownloadサイトからも v5.33.6162 が入手できるようになると思います」と書きましたが、そのようになっています。

最新バージョンを急いで入手したいときは、製造元のサイトを調べてみると見つかることがある、という例でした。ダウンロードを促されたときは、そのままダウンロードするのではなく、バージョンに注意する必要もあります。

情報のアップデートでした。



ランキングに参加しています。
↓ 以下のバナーをクリックしていただくと、とても励みになります!
にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
[ 2017年08月19日 18:14 ] カテゴリ:Homebuild computer | TB(0) | CM(0)

CCleanerSkipUAC

PCの動作が重くなったら」でCCleanerを紹介しましたが、それを使った知り合いから設定について質問がありました。

左にある「ツール(T)」→ その右にある「スタートアップ」→「スケジュールされたタスク」タブを選ぶと、スケジュールされたタスクの一覧が出てきます(下のキャプチャー画面)。
 ScheduledTask.png 

このリストにある「CCleanerSkipUAC」を無効にした方が良いか? という質問です。即答できませんでしたので調べてみました。

「CCleanerSkipUAC」の役割の理解しやすい説明は、英語になりますが Piriform Community Forums(以下のURL)に見つかりました。
 PiriformForums.png 

ここを読んでいくと下の方にある#4に、質問者自らが「こんなふうな理解でいいの?」と問い合わせている文があります。
“CCleanerSkipUAC is nothing more than entry designed to prevent the user from having to click yes to the UAC pop-up when opening CCleaner”

日本語にすると、
『CCleanerSkipUACは、CCleanerを起動するときのUACポップアップに『はい』をクリックしなくて済むようにする目的の登録にすぎない』
ということですね。これはわかりやすい説明です。

UACは、「User Account Control:ユーザーアカウント制御」のことで、例の管理者権限が必要な処理を行うときに警告ポップアップで確認を求める機能です。

CCleanerSkipUACを【無効】にしてしまうと、CCleanerを起動するたびに以下のようなポップアップがでます(実行してよいかという確認が求められます)ので、煩わしくなります。
 CCleanerUAC.png 

CCleanerSkipUAC」は怪しい登録ではありません。名前の通り、UACをスキップするためなので、これは【有効】のままにしておくのがよいですね。


注:ダウンロードバージョンの確認
今日(2017.08.16)時点の最新バージョンは、v5.33.6162になっています。古いバージョンのCCleanerを起動すると、以下のように最新バージョンのダウンロードを促されます。
 CCleanerNewVersion.png 
通常、ここで「はい(Y)」をクリックして進めていくと、cnetのdownloadサイトに最新バージョンが見つかるのですが、本日現在、最新版の v5.33.6162 がありません。一つ前のバージョン v5.32.6129 のままです。
 CCleanerNewVersion-a.png 

このようなときは、開発元のpiriformのダウンロードサイトをチェックしてみるとよいです。
 PiriformDownload.png 

ここに「Start Download」ボタンがありますので、これをクリックすると、「ccsetup533.exe」が入手できます。そのうち、cnetのdownloadサイトからも v5.33.6162 が入手できるようになると思います。


ランキングに参加しています。
↓ 以下のバナーをクリックしていただくと、とても励みになります!
にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
[ 2017年08月16日 18:51 ] カテゴリ:Homebuild computer | TB(0) | CM(0)

PCの動作が重くなったら

知り合いからの相談がありました。よくある「PCの動作が重くなったと感じる」という事象です。

考えられる対策は、「レジストリの掃除」、「不要ファイルの削除」と「HDD使用ならデフラグ」の3つです。

「レジストリの掃除」と「不要ファイルの削除」については、「CCleaner」という定番のソフトをお勧めしました。

直接レジストリを操作するWindows標準の「regedit」がありますが、初心者向けではありません。この「CCleaner」以外にも同様のソフトはありますが、私はこのソフトを使っています。

freesoft100 サイトにとても詳しい丁寧な説明がありますのでご紹介しました(以下のURL)。

 http://freesoft-100.com/pasokon/ccleaner.html

しかし、詳しい説明のためかえって難しいと感じて使うのを躊躇してしまったそうです。そこで、テキストベース(メール)で簡易的な使用方法をお伝えしました。

インストール時にオプションとして、「Install Google Chrome as my default browser」と「Also include Google Toolbar for Internet Explorer」が表示されることがありますので、適宜チェックを外してインストールを開始します。
インストール後、CCleanerを起動したら、

左ペインの「クリーナー(C)」をクリック
・履歴やフォーム情報、保存されたパスワードなど消したくない項目のチェックを外す
・下部にある「解析(A)」をクリック(ちょっと時間がかかる)
・Analysis Complete になったら、下部にある「クリーンアップ開始(R)」をクリック
これで不要ファイルが削除されます。

左ペインの「レジストリ(G)」をクリック
・下部の「問題点をスキャン(S)」をクリック(ちょっと時間がかかる)
・「問題点を解決(F)」をクリック
・「レジストリに変更を加える前にバックアップしますか?」に必ず「Yes」。(保存した場所を覚えておいてください)
・問題点を一つずつ確認して削除するには「これを解決」をクリック(繰り返す)
・全問題点に一気に対応する場合は、「選択した全てを解決」をクリック

CCleanerを試された結果ですが、「まったくの感覚ですがネットへのアクセス、表示が10~15%程度速くなった感じがします」とコメントがありました。

そのままのインストールでは、CCleanerが常駐します。常駐は不必要だと思いますので、以下の操作を行います。
CCleanerを起動し、
・左ペインにある「オプション(O)」 → 右の「モニタリング」をクリック
・「システムモニタリングを有効(S)」と「アクティブモニタリングを有効(E)」についているチェックを外す

警告が出ると思いますが、無視して進めます。これで常駐が解除されます。

インストール版の他に、USBフラッシュにいれて持ち運びが出来るポータブル版もあります。場所は、 https://www.ccleaner.com/ccleaner/builds です。


ランキングに参加しています。
 ↓ 以下のバナーをクリックしていただくと、とても励みになります!
 にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
[ 2017年08月12日 21:00 ] カテゴリ:Homebuild computer | TB(0) | CM(0)

年功序列?

 スポーツクラブでの人間観察です。
 
 週一回だけ「エアロ」のプログラムに参加しています。今週はいつものインストラクターが休みのため、代行のインストラクターが担当しました。

 いつものインストラクターの前に陣取るメンバー達が少し脇に寄っています。かわりに、代行のインストラクターのファン(?)らしい何人かのメンバーがインストラクターの前に陣取っていました。陣取る場所にメンバー間の微妙な力関係があるようです(スポーツクラブ入会年数らしい?)。

 別のあるときですが、ストレッチマットの場所でヨガを行っていると、スタジオのプログラムに参加する人達の話が聞こえてきました。年配の男性ですが「俺より後から入ってきたのに若いのが大きな顔をしている」のようなことを話していました。

 え~スポーツクラブで年功序列?? 驚きました。多分、このような考えの人は少数派だと思います(思いたい)。スポーツクラブではなく、仕事の場でこのような年功序列の考え方が幅をきかせていたら、かなりやりにくいでしょうね。

 上から目線で「年数が上の俺(私)を敬え」の態度を取られても、そっぽを向かれがちだと思います。何か、能力とか人格とか尊敬できるものが備わっていないと通用しないでしょう。これまでの仕事上の経験では、能力がある方は上から目線はしないですね。しないからこそかえって尊敬されるものです。上から目線のそういう方とのおつき合いは避けたいです。

 年功序列的な考え方を身に染み込ませている(しがみついている)方というのは、年齢によるものではなくその人の過ごされてきた環境にもよるのでしょうね。


ランキングに参加しています。
 ↓ 以下のバナーをクリックしていただくと、とても励みになります!
 にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
[ 2017年08月10日 00:30 ] カテゴリ:スポーツクラブばなし | TB(0) | CM(0)