ワイヴァンアイエス研究所ブログ

ストレージシステムやITの技術動向やテクノロジーなどを紹介。その他、趣味的な話題もあります

ゲストOS起動のためのバッチファイルとWshShellのRunメソッド

 メインPC上で、VMware Workstation Playerを使っています。そのことは、「PCを新しくした話(3)」、「VMware Workstation Playerに戻した」や「VMware Workstation Player - ゲストOSの名前変更」で取り上げてきました。

 通常、ゲストOSの起動は、デスクトップにある「VMware Workstation Player」をクリックしてライブラリーを開き、次に目的のゲストOSをクリックして起動する、という操作になります。
 VMwarePlayerLibrary-s.png

 これをライブラリーを介さずに、直接ゲストOSを起動できると操作が楽になります。参考にさせていただいたのは、みかんの備忘録の情報「VMwarePlayerを自動起動設定。のメモ」 にある起動用バッチファイルです。このバッチファイルは自分の環境に合わて編集しなければなりませんので、VMware Playerをインストールしている場所とゲストOSを格納してある場所を確認しておきます。 

【1】メモ帳などのテキストエディタを使って次の1行のコマンドを書きます。ファイル名を「VMwin7x64start.bat」などとして保存します。ここでは例として、保存する場所を「C:\tools\VMstart」とします。

"C:\Program Files (x86)\VMware\VMware Player\vmplayer.exe" "D:\GuestOS\Windows 7 pro x64\Windows 7 pro x64.vmx"
 BatchFile1.png
 
<注>
 ・ 「C:\Program Files (x86)\VMware\VMware Player\vmplayer.exe」は、実際にVMware Workstation Playerをインストールした場所に合わせて書き換えることが必要です。
 ・ 「D::\GuestOS\Windows 7 pro x64\Windows 7 pro x64.vmx」は、実際にゲストOSを格納してある場所とゲストOSの名前にあわせて書き換えることが必要です。
 ・ フォルダー名やファイル名のなかに空白が入っているので、"(ダブルクオーテーション)でくくっておくことを忘れないようにします。

 このまま、VMwin7x64start.bat バッチファイルをダブルクリックすることで、ゲストOSをVMware Workstation Playerライブラリーを介さずに起動できます。
 cmdShellGuestOSstartup.png
 
 しかし、上のようにバッチファイルのコマンド実行ウィンドウが開いたままになります。ホストOSが起動したときに、ゲストOSも起動させるにはこれで良いようですが・・・。ホストOSを起動させた後、好きなときにゲストOSを起動させるには、美しくありません。コマンド実行ウィンドウを見せたくないのです。そこで、もう一工夫が必要となります。

  参考にさせていただいたのは、「VBScriptで外部コマンドを実行する方法・Runメソッド」です。第2パラメータに「ウィンドウを非表示にし、別のウィンドウをアクティブにする」という値「0(ゼロ)」を使えば良さそうです。第3パラメータの指定ですが、今回は1個のプログラムを起動するだけなので、「True」でも「False」でも構いません。

【2】メモ帳などのテキストエディタを使って次の4行のコマンドを書きます。ファイル名を「VMwin7x64start.vbs」などとして保存します。

Dim oWshShell

Set oWshShell = CreateObject("WScript.Shell")
oWshShell.Run "C:\tools\VMstart\VMwin7prox64start.bat",0,True
 VBscript(full).png 

または、簡略化した次の1行のコマンドでも機能します。

CreateObject("WScript.Shell").Run "C:\tools\VMstart\VMwin7prox64start.bat",0
 VBscript.png 
 
<注>
・ 上記の「C:\tools\VMstart\VMwin7prox64start.bat」は、【1】で作成したバッチファイルを格納した場所とそのファイル名です。

 作成したバッチファイルの「VMwin7x64start.bat」とWScriptオブジェクト「VMwin7x64start.vbs」が連動します。「VMwin7x64start.vbs」をダブルクリックすると、バッチファイルの画面を表示せずに目的のゲストOSが起動します。現れるのは、ゲストOSのウィンドウだけです。

 WScriptオブジェクト「VMwin7x64start.vbs」のショートカットをデスクトップに貼り付けておけば、VMware Workstation Playerライブラリーを介さずに、ゲストOSの起動を一回の操作で行えるようになります。


ランキングに参加しています。
以下のバナーをクリックしていただくと、とても励みになります!
にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
[ 2017年07月30日 22:20 ] カテゴリ:仮想マシン | TB(0) | CM(0)

クロールの息継ぎ

 このところ「世界水泳 ブタペスト2017」を深夜TV(ライブ)で視ているので寝不足です。今日はひさびさの「スポーツクラブばなし」カテゴリーの話です。

 プールで知り合った人たちなどと話をしていると、「泳ぎの息継ぎができない」、「練習しても良くならない」などの苦労していることをよく聞くことがあります。でも、その場で教えてすぐにできることなどはほぼありません(不可能です)。できるようになるまでは、やはり時間がかかります。

 子供(若い)ですと身体で覚えていくことができますが、ある程度年齢を重ねてくると頭を使って練習することが上達を速めます。いつも私がその方たちに紹介するのは、YouTubeにある動画です。ここには初級者向けだけではなく、泳げる方にも役に立つトレーニングの動画がアップされています。

 クロールの息継ぎの練習については、以下の動画が役に立ちます(動画の順番は気にしないでください)。

  https://www.youtube.com/watch?v=UzceQ8AAmKU
  https://www.youtube.com/watch?v=qE2K3fs6b08
  https://www.youtube.com/watch?v=9ehbboUYYvk
  https://www.youtube.com/watch?v=PoBC1F6MhWE

 イメージトレーニングも役に立ちます。上手な選手(気に入った人)のフォームをじっくり見て頭に焼き付け、できるだけそれに近づけようとすることだけでもずいぶん違います。この動画を利用されて(もちろんご本人の努力も大きいです)、呼吸がすっかり上手になって上達した方がおられます。


ランキングに参加しています。
以下のバナーをクリックしていただくと、とても励みになります!
にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
[ 2017年07月28日 10:26 ] カテゴリ:スポーツクラブばなし | TB(0) | CM(0)

日本語バージョンの改善に協力

 「デバイスドライバー ユーティリティー(Free Edition)」の記事で紹介した「Driver Easy」は日本語化されています。日本語化されたバージョンを使っているのですが、意味がとれない箇所がありました。そこで、英語バージョンにしてその箇所を確認してみました。

 日本語:ドライバーを更新する
 英語:Up-to-Date driver(s)

 「ドライバーを更新する」では、この箇所にあるデバイスドライバーにも更新が必要、と取られてしまいます。この箇所にあるデバイスドライバーには、更新作業は不要なはずです。Up-to-Dateは動詞ではなく形容詞なので、「Up-to-Date driver(s)」 には「最新のドライバー」が合っていますね。

 「Driver Easy」本社(ドイツ?)に連絡したら返事が来たのですが、他の箇所の翻訳のチェックへの協力を依頼されましたので、協力することにしました。この driver easyデバイスドライバーユーティリティーにはお世話になっていますので。


ランキングに参加しています。
以下のバナーをクリックしていただくと、とても励みになります!
にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
[ 2017年07月27日 08:05 ] カテゴリ:Homebuild computer | TB(0) | CM(0)

PCの電源が入らない - Power Unit が壊れた

 メインで使用しているデスクサイド型PCの電源が壊れました。症状は、ケースのプッシュボタンを押してONにすると一瞬LEDが点灯して消えてしまいます。

 原因はマザーボード、CPU、または電源ユニットなのか? 障害箇所の切り分け方法はいろいろありますが、手っ取り早いのは電源ユニットを確認することです。

 まず、PCから電源ユニットを外します。次に、マザーボードに電源を供給するコネクターピンの「PS_ON」を「GND」とつないでショートさせます(参考:ニプロン製品情報)。そして電源ユニットのスイッチを入れて動作を確認します。このとき、電源ユニットのファンが回らなかったら電源が壊れていると判断してほぼ正しいでしょう。

 これまで使っていた(壊れた)のはSFX規格の電源ユニットでした。コネクターのピンアサインはATX規格と同様です。上記の方法でチェックして、壊れていることを確認しました。あとは、電源ユニットが壊れたとき、他のパーツ(マザーボードやCPUなど)に影響を与えていないことを期待します。

 今日、新しい電源ユニットが到着しました。旧製品はSFX規格の300W仕様でしたが、新製品はATX規格の500W仕様に代えました。早速配線して、無事PCが起動したので、この記事を書いています。サブマシンのラップトップ(いわゆるノートPC)もありますが、外出先でのプレゼンテーションや打ち合わせなどが主な使い道です。

 もともと、このデスクサイドPCはVMware ESXiのテスト目的でしたから、電源もコスト重視のパーツで構成しました。ただハイパーバイザーを効率よく動作させるためメモリーは32GB搭載しました。WindowsのメインPCに変更した今、搭載メモリーが多いのはとても助かっています。

 今回の電源ユニットの障害ですが、壊れる前兆はありました。プッシュボタンを押してLEDが点灯しても、BIOS画面もなにも表示されないのです。CPUやケースのファンが回転もしませんでした。電源ユニットの電源スイッチをOFF/ONしてからケースのプッシュボタンを押すと起動します。電源ユニットが壊れる予感は少しありました。でも予定外の出費は痛いです。


ランキングに参加しています。
以下のバナーをクリックしていただくと、とても励みになります!
にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
[ 2017年07月25日 18:33 ] カテゴリ:Homebuild computer | TB(0) | CM(0)

Writer's choiceのコンテンツ

 カテゴリー「Homebuild computer」を始めて、約3ヶ月がたちました。この間に29個の記事をアップしました。それ以前は、「ストレージ」カテゴリーに専門的な内容のコンテンツを間欠的に発表する程度でした。

 Editor's choiceならぬWriter's choiceで興味深かったコンテンツをいくつか上げるとすると、

 ・ データ駆動型社会を支えるデータアーカイブ
 CPS(Cyber Physical System)で注目される「データ駆動型社会」。そこでは膨大なデータ量の蓄積が必須

 ・ PCを新しくした話(その3)
   VMware Workstation Playerに戻した
 32GBメモリーを搭載しているのに、「Page Fault in No Paged Area」というブルースクリーンエラー

 ・IPアドレスから設置場所などが分かってしまう
 ネット上のハッカー、スパム発信者や悪意を持った活動の広がりに戦う目的のプロジェクトを利用

 ・ エラー イベントID 137
 ボリューム \\?\Volume{xxxxxxxx} のトランザクション リソース マネージャーで再試行できないエラーが発生

 ・ ネットワーク状態を知る(外部からの見え方)
 外の世界から自宅ゲートウェイ(ONU)ポートの安全性を高める

 ・ ネットワークポートのチーミング(つづき)
 物理的なDual PortsのAdaptive Load Balancing構成が再起動で片方のportがActiveにならない現象を解決

となります。地味なコンテンツもありますが、執筆や問題の解決にあたり新しい発見がありましたので、書き手側の観点としては、非常に興味をもって書くことができました。


ランキングに参加しています。
↓以下のバナーをクリックしていただくと、とても励みになります!
にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
[ 2017年07月23日 00:30 ] カテゴリ:はじめに/総合案内 | TB(0) | CM(0)

デバイスドライバー ユーティリティー(Free Edition)

 デバイスドライバー更新ツールとして、SlimDriversを長年使ってきましたが、Windows 10になってから、新しいデバイスドライバーの更新を通知してくれなくなりました。この半年くらいは、Driver Easyの無料版(Free Edition)を使っています。

 無料版のDriver BoosterとDriveMaxも試しましたが、私の今のPC環境にはDriver Easyが一番あっているようです。ただし使い方には、注意が必要なところがあります。「デバイスが古いドライバー状態」として検出があっても全てのドライバー情報が正しいとはいえないことがあります。

 また、Free Editionなので自動でデバイスドライバーの更新はできません。更新作業は手動で行う必要があります。また、デバイスドライバーのダウンロード時に通信の帯域幅が制限されますので、大きなサイズになるとダウンロードに時間がかかることもあり、ダウンロードがうまくいかない場合もあります。

 手動でのデバイスドライバー更新自体は、それほど難しい作業ではありません。また、デバイスドライバーが大きなサイズとなるときは、Driver Easy経由のダウンロードを行わず、別途ドライバーを検索してダウンロードすれば手動でドライバーの更新ができます。こうすることで、Free EditionのDriver Easyであっても、十分使えます。

 Driver Easyの2017.07.21時点のバージョンは、5.5.2.18358です。インスト-ルプログラムの DriverEasy-setup.exe が download.cnet.comサイト から入手可能です。「Download Now」ボタンをクリックすると、ダウンロードが開始します。


ランキングに参加しています。
クリックしていただけるととても励みになります。
にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
[ 2017年07月22日 02:55 ] カテゴリ:Homebuild computer | TB(0) | CM(0)

PCの電源が切れなくなった

 Dell Inspiron 660s(妻が使っているPC)で起きた現象です。WindowsをシャットダウンするとWindowsは終了するのに、電源ランプがついたままになる現象が何回か起こりました。

 電源ボタンを長押しすれば電源は切れますし、正常にシャットダウンする(電源ランプも消える)割合の方が多いので、そのままにしておいても良いのです。けれど、家庭のシステム管理者としてはやはり気になります。PCを起動してから、なにかの作業(なんらかのプログラムを使用)に起因して起きるのかも知れません。再現が困難なので原因を突き止めるのは時間がかかりそうです。

 OSはWindows 10 Homeです。毎回発生する現象ではありません。なんとなくですが、Creators Update以降、この現象が多くなったような気がします。

 確信はあまりなかったのですが、デバイスドライバーのアップデートを試してみました。デバイスドライバーに新しいバージョンがないかどうかを調べたら、システムデバイスのいくつかに新しいバージョンのデバイスドライバーが出ていました。それらのドライバーを更新したら、シャットダウンしても電源が切れないという現象は起きなくなりました。

 私が通常行っているデバイスドライバーの更新については、別の記事として取り上げてみます。

 以下、障害の原因かどうかは分かりませんが、「シャットダウンしても電源が切れない」現象を発生していたときに、イベントビューアーに見慣れないエラーが現れていました。以下の3種類です。。

イベント ID:803
ソース:DeviceManagement-Enterprise-Diagnostics-Provider
内容:MDM PolicyManager: 領域: (Location) 用に領域の通知 (WNF): (0xA3BC6075、
0x41950821) が公開されました。結果: (0x80070057) パラメーターが間違っていま
す。。

イベント ID:808
ソース:DeviceManagement-Enterprise-Diagnostics-Provider
内容:MDM PolicyManager: 整数の結合、領域: (System)、ポリシー:
(DisableOneDriveFileSync)、結合を要求した EnrollmentID:
(FC01E91F-914C-45AF-9D7C-0B2E5FBEDF62)、結果: (0x80070002) 指定されたファイ
ルが見つかりません。。

イベント ID:821
ソース:DeviceManagement-Enterprise-Diagnostics-Provider
内容:MDM PolicyManager: ポリシーの結合は完了しませんでした。ポリシー:
(DisableOneDriveFileSync)、領域: (System)、結果: (0x80070002) 指定されたファ
イルが見つかりません。。

 上記の3種類のエラーを調べてみたのですが、よく分かりません。結果的にですが、上記のデバイスドライバーをアップデートしたら、これらのエラーイベントは発生しなくなりました。


ランキングに参加しています。
 ↓ 以下のバナーをクリックしていただくと、とても励みになります!
 にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
[ 2017年07月20日 20:00 ] カテゴリ:Homebuild computer | TB(0) | CM(0)

Reflect v6 Free(バックアップフリーソフト)の使い方 ー リストア編

 今回は「Reflect v6 Free(バックアップフリーソフト)の使い方 ー バックアップ編」で保存したバックアップイメージを使ってリストアする操作です。

レスキューディスクから起動 → Windowsシステムを含めたデータをリストア

<リストア>
バックアップイメージを使って復元することが「リストア」です。リストアによって、バックアップイメージを保存した時点の状態に戻すことができます。この方法を使えば、ランサムウェアなどへの感染やシステムに異常を発生する前の正常な状態に戻すことができます。当然ながら、システムが正常な時点でバックアップイメージを保存してある、ということが前提となります。

【1】 レスキューディスクから起動
 reflect61-s.png
 BIOSの設定で、CD/DVDドライブから起動させます。上のように「Press any key to boot from CD or DVD..」が表示されたら、スペースバーやリターンキーなどを押してください。押さないと、通常のWindowsが起動してしまいます。

【2】 Windows PEの起動画面
 reflect62-s.png
 このまま待ちます。Windowsマークが出るまでしばらく黒い画面の状態が続きます。

【3】 Reflect v6の起動画面
 reflect63-s.png
 このまま待ちます。

【4】 Reflect v6の初期画面
 restore01-ss.png
 「Restore」タブが選択されています。「Browse for an image file...」をクリックして、リストア(復元)するバックアップイメージを指定します。

【5】 バックアップイメージの選択
 ドライブの指定
 restore02-ss.png
 この例では、「F:」のMXbackupDiskという名前のドライブにバックアップイメージを保存してありますので、このドライブをダブルクリックするか、選択して「Open」をクリックして指定します。

 フォルダーの指定
 restore03-ss.png
 フォルダー「reflect6」をダブルクリックするか、選択して「Open」をクリックして指定します。

 イメージの指定
 restore04-ss.png
 リストアできるバックアップイメージが2個(2回分)表示されています。ここでは「20170713-00-00」のほうをダブルクリックするか、選択してから「Open」をクリックして指定します。

【5】 リストア
 restore05-ss.png
 「Restore Image」をクリックします。

 restore10-ss.png
 「Source」(復元するバックアップイメージ)として、対象のパーティションが選択(チェック)されていることを確認します。この例では、DとCです。
 「Copy selected partions when I click 'Next'」にチェックがついていることを確認して、「Next>」をクリックします。

 restore11-ss.png
 「Restore Summary」には、リストアに使うバックアップイメージ名、復元されるパーティション、SSDなら「Trim」処理が行われることなどの情報が表示されます。確認したら、「Finish」をクリックします。

 restore13-ss.png
 パーティションCとDが上書きされること「WARNING: The following drives will be overwritten」が警告として表示されます。復元のため上書きしますので「Continue...」をクリックします。

 restore14-s.png
 リストア処理が開始します。リストア先(destination)がSSDの場合、リストア処理に自動的にTrim処理が行われます。復元する前にSSDに「Trim」処理をしたくないときは、事前に「Advanced Options」から「SSD Trim」項目で、「Enable TRIM on restore」のチェックを外します(この記事の最後に説明)。

 restore15-ss.png
 リストア処理が完了したら、「Close」をクリックします。

【9】 リストア処理の終了とWindowsの再起動
 restore16-ss.png
 CD/DVDドライブに入っているレスキューディスクを取り出してください。右上の「X」をクリック、または左上の「File」タブから「Exit」と進むとPCの再起動に移ります。タスクバーの左端にあるマークからも再起動できます。(「Reflect v6 Free(バックアップフリーソフト)の使い方 ー バックアップ編」の【13】と同じ方法です)

 以上の操作によって、バックアップイメージを作った時点の状態にシステムとデータを復元することができます。

 PCが正常なときにバックアップを取って(バックアップイメージを作成)おけば、ウィルス・マルウェア感染(ランサムウェアなど)にあったとしても、慌てる必要はありません。リストア処理によって対処が可能になります。

 以下は、オプション的な操作の説明です。

【A】 バックアップイメージのベリファイ(Verify)
 バックアップイメージを作成した後、または、リストアを実施する前に、バックアップイメージを確認(Verify)を行うことができます。
 restore09-ss.png 
 「Verify Image」をクリックします。

 restore06-s.png
 確認処理が進行します。

 restore07-ss.png
 成功すれば「Image Successfully Verified」が表示されますので、「OK」をクリックして終了します。

【B】 SSD使用時Trimのオン・オフ
「Restore Summary」のウィンドウ
 restore21-ss.png
 「Advanced Options」を選択します。

 restore12-ss.png 
 「SSD Trim」をクリックして、「Enable TRIM on restore」項目を確認します。チェックが入っていれば、リストア先(destination、復元先)がSSDの場合、リストアする前にTrim処理を行います。デフォルトでチェックがついていますので、何もしなくともSSDにリストアする前にTrim処理が入ります。


ランキングに参加しています。
 ↓ 以下のバナーをクリックしていただくと、とても励みになります!
 にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
[ 2017年07月17日 19:14 ] カテゴリ:バックアップ/リストア | TB(0) | CM(0)