ワイヴァンアイエス研究所ブログ

ストレージシステムやITの技術動向やテクノロジーなどを紹介。その他、趣味的な話題もあります

分散重複排除の仕組み

データの重複部分を排除し、ストレージ容量を効率的に使用する重複排除テクノロジー。このテクノロジーを利用してBCP(事業継続)とDR(災害復旧)用のリモートサイトにもデータを保存するためには、回線コストを抑える必要があります。その対策には、分散重複排除が有効です。

pdfとしてアップしてありますので、以下のリンク先から資料ダウンロードの項目にある「分散重複排除の仕組み」をご覧ください。

リンク先:
y-vern-is.com/articles/






[ 2014年11月21日 11:30 ] カテゴリ:ストレージシステム | TB(0) | CM(0)

LTO10までの容量と転送速度の増加トレンドを示すグラフ

2014年9月10日(米国時間)に新ロードマップが発表され、第10世代のLTO10まで開発されることが判明しました。
これまではLTO8までの開発となっていましたが、市場でテープストレージが見直され、アーカイブ向けのストレージで採用が進展することが期待されています。容量と転送速度に分けて、グラフを作成しました。

pdfとしてアップしてありますので、以下のリンク先から資料ダウンロード項目にある「LTOテープシステムの容量と転送速度増加を示すグラフ」をご覧ください。

リンク先:
y-vern-is.com/articles/









[ 2014年11月17日 21:00 ] カテゴリ:ストレージシステム | TB(0) | CM(0)