ワイヴァンアイエス研究所ブログ

ストレージシステムやITの技術動向やテクノロジーなどを紹介。その他、趣味的な話題もあります
月別アーカイブ  [ 2014年10月 ] 

Lubuntu 14.04 リモートデスクトップ構築の備忘録

Lubuntu 14.04

$ sudo apt-get install git

$ git clone --depth 1 -b v3.10 https://github.com/scarygliders/X11RDP-o-Matic.git

$ cd X11RDP-o-Matic
$ sudo ./X11rdp-o-matic.sh --justdoit

fcitx-mozcはRDTで機能しなかったので、ibus-mozc をインストール

$ sudo apt-get install ibus-mozc

キーボード・インプットメソッド
インプットメソッドの選択 の右側の下向き▼
日本語 右向き三角 から Mozc を選択

RemoteDesktopからログインすると、キーボードの配列が英文キー
(http://xrdp.vmeta.jp/キー配列について を参照)

Windows側で以下のレジストリキーを確認

HKEY_CURRENT_USER
 Keyboard Layout
  Preload
   1 - 00000411
   2 - e0010411
   3 - e0200411

例えば、レジストリが上のようになっていた場合は、以下の3つのファイルが必要

 /etc/xrdp/km-0411.ini
 /etc/xrdp/km-e0010411.ini
 /etc/xrdp/km-e0200411.ini

$ cd /etc/xrdp
$ cd /tmp
$ wget http://w.vmeta.jp/temp/km-0411.ini
$ sudo cp /tmp/km-0411.ini .
$ sudo cp km-0411.ini km-e0200411.ini
$ sudo cp km-0411.ini km-e0010411.ini

$ sudo /etc/init.d/xrdp restart

マウスカーソルは、標準の矢印
GUIでログアウトができる

問題点:
リモート端末で日本語が入力できない
[ 2014年10月28日 05:46 ] カテゴリ:linux | TB(-) | CM(-)